カテゴリー「ウェブログ・ココログ関連」の8件の記事

2008/10/09

祝・ニフニフ動画終了

はみだし@nifty」で「ニフニフ動画」サービスの終了が報告されていました。

これでやっとNiftyのココログでも「ニコニコ動画」が使えるようになるわけですよね?
正直、ニコ動貼れないのでFC2・ライブドアへの移転を考えていた時も有りました。

Niftyさん、期待しているので絶対対応してね?

 

とはいえ・・・


最近のココログの更新時にアクセス過多で失敗する状況に腹を立てています。
当サイトの更新が最近少なくなっているのは、
実は更新不能で記事作成のタイミングを逸している事と、
そんな状況が続いて、更新意欲がそがれている事が起因していたり・・・

一番値段の安価な、ココログプラスを使っているとはいえ
一応有料プランでお金を払っているわけです。
対価としてのサービスはしっかり提供して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/05

ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(詳細編)

Warnig!!
この記事は、ココログフリーないしプラスで、
GoogleAdSense広告を記事下に挿入する方法を紹介しています。
しかしながら、少々、アクロバティックな手法を使うことから、
もしかするとGoogle様より指摘を受け、または問答無用で
AdSenseのアカウントを停止させられる可能性があります。
もし、同様の手法を試される場合は、自己責任で対応してください。



関連記事:
ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(概要編)


上記記事の続きになります。
読んでない方は先に概要編でもチラリと覗かれると話についていけるかと思います。
でも、下記から読んでもまるで問題ありません。

どっちなんだよ?


□おさらい
ココログフリー・プラスでどのようにAdSense広告を挿入するか、概要編で紹介しましたが、
再度、実装概要をおさらいしてみましょう。

ココログの記事の一つ一つは <div class="entry"></div>で囲われています。
その中で、<div class="entry-body-bottom"/>という要素がありますが、
これが記事下の位置に挿入されるレイヤーになります。
image
つまり、このレイヤーにGoogleAdSenseの広告生成コードを挿入すればよいだけです。

・・・と、概要編では記述しました。

たしかにentry-body-bottomは記事下にあたるのですが、
heightがCSSで指定されていると、CSS定義を上書きする必要があります。
概要編でもCSS修正が必要と公言していますが、はっきりいって面倒です。

むしろ1行下にある<p class="posted"></p>で囲われる記事フッターに挿入すると、
CSSの高さ調整をしなくて済むので楽です。


□記事下AdSense生成コードの挿入スクリプト

説明するのも面倒なので実際のスクリプトを公開します。

特別な事は何もしていません。前述の挿入箇所 <p class="posted"></p>に、
<iframe></iframe>を挿入しているだけです。

もちろんiframeで読み込むHTML・・・例では『gadsqbot.html』の中身には、
通常のGoogleAdSenseコードが記述されています。

このスクリプトコードを記事の後に読み込むよう、
サイドバーのマイリストに仕込むか、もしくはブログパーツ化して挿入すれば良いだけです。
もちろんhtmlの中身は自分のAdSenseコードに書き換えて下さいね。


□汎用的に挿入スクリプト

記事下挿入スクリプトを読み解けば自明ですが、単に要素にinnerHTMLしているだけです。
つまり指し示す要素を変更すれば、どこにでもGoogleAdSnese広告が表示できます。

上記のスクリプトでは、<div class="google-adsense-mid"></div>に、
gadsqmid.htmlを挿入しています。

つまり<div class="google-adsense-mid"></div>を記事の途中に挿入する事で、記事の途中にGoogleAdSense広告が挿入されます。
まぁ、その場合は普通にGoogleAdSenseのコードを書けば良いのですけど・・・

↓ここに挿入してみます。(ただし一覧表示ではTOP位置にないと表示しません)


□今回の私の目標は何だったか

Nifty然り、はてな然り、ブログサービスを商売にしている以上、
何らかの手段でユーザからお金をいただく必要がある事は理解しています。

しかし記事下位置のデザイン変更などはココログプロに限定されていたり、
はてなではスクリプトの記述さえ制限されている状況です。

ストレージサイズや、パフォーマンス等を差別化するのは非常に納得いきますが、
ユーザに制限、不便を強いておきながら、その解除を有料化するとは、
本当に傲慢な商売といわざるを得ません。

そんな傲慢な商売への抵抗といったら格好はつきますが、
単に月額1,000円を払えない貧乏人の僻みだったりします。

なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/30

おかげさまで10万ヒット達成

本日 2008/06/30 11:07:01 Thank Thee! 10万ヒット達成です。

まずは訪問者の皆様に謝辞を、そして今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

そして記念となる切り番を踏まれた方ですが・・・

99999ヒットは、
Googleにて「ココログ 広告 挿入」のキーワードで検索していただいた方。
OSはWindows2000、ブラウザはIE6.0、東京のリモートホストから接続されています。
ココログフリーの記事下に「GoogleAdSense」広告を表示する(概要)」をご覧になっています。
右記事のコメントにも書きましたが、
ご興味あれば詳細記事ないし直接、実装方法をお伝えしたいと思っています。

100000ヒットは、
Keyライブ OTSU#2 で スベンソンと握手」にアクセスいただいた方です。
MacOS-Xで、ブラウザがFireFox2.0.0.14、東京の方で、
ブックマークに類するものからアクセスいただいています。
6月29日に、Googleにて「細井聡司 ライブ 7月」で検索いただいた方と思います。

どうもありがとうございました、今後もご愛顧お願いいたします(^_^/

以下、ぼやきっす。

続きを読む "おかげさまで10万ヒット達成"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/24

予告.in 日別犯行予告逮捕者カレンダーを、ブログパーツにしてみた。

秋葉原無差別殺傷事件を受け、
一般個人により作成された犯罪予告共有サービス「予告.in
そのサイトコンテンツの1つとして、
日別の犯行予告逮捕者人数の記録を紹介しています。

・・・面白いのでiframeで覗くようにしてBlogパーツっぽくしてみた。

 

下記をBlogの記事、ないしサイドバーに記述すると
上記のような逮捕者カレンダーが表示されます。

それにしても・・・6/15~6/23まで毎日逮捕されているんだけど・・・
どれだけ、逮捕者はアホなんだろうか。

世間を騒がせたいんなら、良い事を行って騒がれなさいな。



ちなみに、yokoku.inのアクセスが多すぎる為か、
ピーク時はつながらない事がおおいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/14

ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(概要編)

注意
この記事は、ココログフリーないしプラスで、
GoogleAdSense広告を記事下に挿入する方法を紹介しています。
しかしながら、少々、アクロバティックな手法を使うことから、
もしかするとGoogle様より指摘を受け、または問答無用で
AdSenseのアカウントを停止させられる可能性があります。
もし、同様の手法を試される場合は、自己責任で対応してください。


 
無粋な注意文は重要なので、ちゃんと目を通してね。
それでは本編はじまり、はじまり。


□記事下に広告を表示する効果

  1. てけとーにAdSense広告を表示するとどうなるか?
    さて、GoogleAdSenseに手を出したブロガーの方は、
    AdSense広告が殆どクリックされない事にお気づきかと思います。
    いや、私のサイトだけなのかもしれないけどさ。
    楽しんでブログを更新しているついでに、
    1年に一度飲み代が出るならいいなぁ・・・
    と妄想してサイドバーに表示した次第なのですけれど、
    3ヶ年計画に変更せざるを得ない状況になっています。

  2. クリック数を増やす為の広告位置とは?
    やはりクリックしやすい位置に表示するのが一番と思うんですよ。
    どの位置にある広告がクリックされたか調査するための
    チャネルという機能があります。
    チャネルを活用する事で、効果的な広告位置を知ることができるようです。

    その結果、やはり記事下に広告表示すると、
    幾分クリック率は高くなるといった噂があります。
    私は本日実装したばかりで、事実かどうかわかりませんけど。

  3. では実例は?
    ココログでブログを運営している有名人といえば・・・眞鍋かをりさん。
    彼女のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」の記事下には
    GoogleAdSenseの記事が挿入されています。
    下記図のようなイメージですね。
    image
     

    うん、こんな感じのが作りたいですよね。

□現時点での問題について

  1. ココログプロの素晴らしさ?について
    フリー・ベーシック・プラス・プロとサービスプランが4つに分かれています。
    このうちココログプロの場合は簡単です。

    「html/CSSの直接編集」機能があり、htmlテンプレートが直接いじれるからです。

    実際には「Individual Archives」編集し、
    AdSense広告のスクリプトコードを書き足してあげるだけでよい。

    さすが月950円も払っているだけあって、機能豊富。
    ココログプロは素晴らしいなぁ・・・

    はたして、そうなのか?

  2. Niftyのあざとさについて
    ブログのユーザー数が多いからといって、胡坐かいていると思うのですよ。
    アフィリエイト広告を掲載するか否かは、
    ブロガーの主体性に任せるべきだと思いませんか?

    月950円払って、10個ブログ運営できるのは正直お得かなとは思うけど、
    HTML・CSSの編集は、せめてプラスには認めて欲しかった。

    ・・・私、プラスだからね(ぉぃ

  3. ココログプロでなくては、記事下広告は表示できないの?
    ココログフリー・ベーシック・プラスでも記事下広告は可能です。

    マイリスト経由でスクリプト実行ができる以上、
    HTML、CSSは動的に書き換える事が可能です。

    つまり記事下にある特定の要素を狙って、

    AdSense広告を動的に挿入してしまえば良いだけです。


□で、どうすんのよ?

  1. 概要
    ココログの記事の一つ一つは <div class="entry"></div>で囲われています。
    その中で、<div class="entry-body-bottom"/>という要素がありますが、
    これが記事下の位置に挿入されるレイヤーになります。

    image 

    つまり、このレイヤーにGoogleAdSenseの広告生成コードを挿入すればよいだけです。

  2. 注意点(CSS)
    当然 entry-body-bottomは、CSSでスタイルが定義されています。
    大凡は、height:1pxが設定されているので、コードを挿入しても表示されません。

    CSSを上書きして、entry-body-bottomのheightを100pxぐらいに拡張しましょう。

  3. 注意点(AdSense生成コード)
    AdSense生成コードをどのように挿入するかですが・・・
    entry-body-bottom要素を取り出して、createElementした動的JavaScriptコードを
    AppendChildしたところ・・・どうも上手くいきませんでした。

    したがって別途htmlにAdSense生成コードを書き出し、それをiframeで呼び出すようにし、
    そのiframeタグを、entry-body-bottomに、innerHTMLで追記するようにしました。


□意味わかんねーよ?

  1. 「で、どうすんのよ?」を読んでも意味不明なんですが?
    需要があれば、詳細の設定方法について解説していこうかと思います。
    まぁ、無いと思いますけれど・・・



詳細編は以下です。

Thank Thee!: ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(詳細編)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/01/25

カテゴリ別最近の記事

メインカテゴリー別に最近の記事を表示します。

パソコン・インターネット」カテゴリの記事


アニメ・コミック」カテゴリの記事


ゲーム」カテゴリの記事


書籍・雑誌」カテゴリの記事


音楽」カテゴリの記事


うみねこのなく頃に」カテゴリの記事


初音ミク」カテゴリの記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/24

ココログのサイドバーを折り畳んでみた

同じくココログの住人facet氏のBlog「facet-drivers」では、
ココログのカスタマイズ記事が非常に面白いです。

Blogの特性上、メニューが煩雑になりがち。
どうにかしてすっきりできないかと思っていたところ、
メニューを折り畳むカスタマイズが公開されていました。

動きとしては単純なもので、
DIVレイヤの表示・非表示を制御しているだけです。
とはいえ作るとなると面倒なので非常に助かりました。

メニューが開閉できる事をオペレータに知らせる為
公式ではボタンを表示させています。
しかし、どうも陰影がはっきりした角ばったデザインは、
うちのサイトにはあわないかなと思いました。
そこで下記のような矢印付の背景画像を用意してみました。

sidebar_h2c 

sidebar_h2o

またCSSで、cursor:pointerを設定する事で、
メニューにマウスオーバーした際、
カーソルを手の形に変えるようにしました。
カーソルが変わると、オペレータの注意を惹きますしね。

加えて、IE以外(厳密にはIE6以前)では、
hover時に以下の画像を用い、ハイライトしています。

sidebar_h2ch

sidebar_h2oh 

 

実際のスクリプトの実装方法は、
facetさんのサイトを参考してください。
意外と簡単に実装できちゃいますよ。

画像変更方法は、うちのCSSを参考してみるといいかも。
そんな難しいことはしていませんので、
CSS知らない方でも、なんとなく判るかと思います。

ココログハックは意外と面白いですね。
あまりやりすぎるとココログ依存になりすぎて、
いざというときにココログから移行できなくなりそうですが^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/09

ココログカウンタで遊ぶ 1回目 好きなカウンタ画像を使う

ココログのカウンター画像は数100種類しかありません。
大手ブログサイトのFC2だと3000種類以上も提供しています。
好きなカウンタ画像が使いたい!・・・と思ったことありません?

ならばカウンタだけは他サイト・・・という手もあると思います。

 
とはいえアクセス解析との連動もできる純正カウンタも捨て難い。
アクセスフィルタで自己アクセスをカウントしない設定もできますし。
何よりきちんとアクセス解析と連動しているのが純正の強みです。


ココログ純正カウンタで、好きなカウンタ画像が使いたいなぁ。
そんな贅沢なお悩みを持つ貴方に、解決方法を提案したいと思います。


このサイトの左上のカウンタ表示に、私が考えた手法を用いています。
(バグっている場合はコメントで指摘お願いしますね...)

それでは早速、設定内容を説明いたします。

続きを読む "ココログカウンタで遊ぶ 1回目 好きなカウンタ画像を使う"

| | コメント (1) | トラックバック (0)