CHAOS;HEAD (Page 1)

« back | top | next »    [ 1 ]

CHAOS;HEAD と 渋谷の街 ベース編

妄想科学ノベル『CHAOS;HEAD』と渋谷の街 第7弾

連載も7回目、さすがに更新するのが飽きてきた感もあります。
が・・・もうちょと、つづくぞい。

さて、今回は主人公、西条拓巳が生活している
神泉のコンテナベース近くの風景を確認していきましょう。

例えばこんな1枚があります。

chaoshead_maruyama

ここが実際の写真になります。

image

渋谷東急本店近くから、道玄坂へ抜ける坂道の途中ですね。
もう少し進むとライブハウスO-EAST、O-WESTなどがある所です。


大きな地図で見る


上の地図でいうとホテルプリンセスと、第8矢澤ビルの中間あたりから
南を向いて撮った写真になります。
第8矢澤ビル向かいの細長い建物が、写真右側の赤い建物「club asia」です。

ライブ好きな人は、この近辺のライブハウスに行った事有るかと思うので、
見覚えがあったのではないでしょうか?

 

続いて問題の一枚を見ていきましょう。
主人公が七海とばったり会ったりした路地です。
ここも主人公の根城の近くのように劇中で扱われています・・・

chaoshead_taku_near

前回の記事【マークシティ編】にも書きましたが、
『CHAOS;HEAD』は、渋谷をリアルに描写しているのにも関わらず、
時々、突拍子もなく手抜きしている所があります。
それが、この背景です。

実際は、この場所になります。反転系ですね。

image

とりあえずお約束の水平反転。

image


問題は反転系だからという瑣末な事ではありません。
ここは神泉ないし道玄坂ではなく、駅をはさんで間逆にある宮益坂の近くです。

地図ですと以下になります。
丁度ampmの前に立って、シオノギ渋谷ビルの向かいの道を撮影した構図です。
特徴的なマンガ喫茶の看板を見て判るとおり、
まんが喫茶マンボー渋谷東口店」です。


大きな地図で見る

 

私のような渋谷ヲタが『CHAOS;HEAD』をプレイすると、
背景の場所に愛着を持っているので、
違和感があるとどうもゲームに集中できなくなります。

なんで神泉近くを歩いていたのに、渋谷東口まで飛ぶんだよ?とか。
学校の帰りにアニメイト寄るという描写もありましたが、
神泉から松涛公園を抜けた先に、学校が在ると推定すると、
どうも説得力が無い寄り道になってしまうのです。

渋谷アニメイトは国道246を挟み恵比寿側に位置します。
ダイブ事件のセルリアンタワー近くになります。

下記地図をクリックしてみると、主人公の寄り道のアクティブさが判ります。

image


逆に、最後の闘いに臨む主人公が、
ある場所から、ある場所への近道として使った『道』などは、
上図にも描かれている通り、本当に近道なわけで、
非常にリアリティがあって面白く感じました。

だからこそ『CHAOS;HEAD』には、
移動時間などの要素も考慮し、徹底したリアリティを追求して欲しかったです。

・・・なんか、私、楽しみ方間違ってるような気がしてきました。


次回は、若者が集うセンター街を紹介します。 See You!


| | コメント | トラックバック

« back | top | next »    [ 1 ]