« たこルカぽっぴっぽー  ああカワイイなぁ もう | トップページ | マクロスF:ランカ・リーがカレーになったらしい »

2009/02/06

季刊 GELATIN 2009 はる  超クオリティで「なつ」が心配

カワイイ エロい カッコイイ 刺激 官能 完全オリジナル作品のNEWコミック誌

季刊GELATINが2月4日に発売されましたね。
Amazonで頼んでいたのですが、今日帰ったら届いていました。

表紙は 「かみちゅ」「少女マテリアル」で有名な鳴子ハナハル氏です。


季刊 GELATIN 2009 はる (ワニマガジンコミックス)
季刊 GELATIN 2009 はる (ワニマガジンコミックス) 鳴子ハナハル たかみち他

ワニマガジン社 2009-02-04
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さすが一枚絵で物語を語る絵師、鳴子ハナハル氏ですね。

ハナハル氏を筆頭に・・・
「クロノクルセイド」や「ワールドエンブリオ」の、森山大輔氏
「果てしなく青い、空の下で」や画集を出したばかりの、たかみち氏
ラノベの表紙絵でよく活躍されている、放電映像氏。

超クオリティ連載陣ばかり。
しかも8割がカラーというとんでもなさ。

殆ど画集買っているようなもんだ。

季刊ペースとはいえ、クオリティが保てるのが疑問視しちゃうくらい。
春頃に発売されるでしょう「なつ」号で真価が問われるんでないでしょうか?


↓以下表紙と内容の公式画像を紹介

クリックで大きなサイズに

GELATIN_hanaharuGELATIN_contents

|

« たこルカぽっぴっぽー  ああカワイイなぁ もう | トップページ | マクロスF:ランカ・リーがカレーになったらしい »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/43968950

この記事へのトラックバック一覧です: 季刊 GELATIN 2009 はる  超クオリティで「なつ」が心配:

« たこルカぽっぴっぽー  ああカワイイなぁ もう | トップページ | マクロスF:ランカ・リーがカレーになったらしい »