« 初音ミク3DPV「サイハテ カヴァー」 の紹介 | トップページ | 神調教・英語喋れるんです 【初音ミク】shiningray【オリジナル】 »

2008/09/29

PMP更新までの、PDU取得方法について

先日PMPの更新についての記事を書きましたが・・・

(内容については、以下を参照ください。)

  【関連記事:PMP資格更新手続き 詳細解説
  【関連記事 PMP更新完了 ・・・そしてPMP悪魔の問題集の紹介

コメントに、

  「更新の抜け道って具体的にどんなことなのでしょうか?」

と、ご質問をいただきました。

えーっと、抜け道は実際は無いです。

・・・怒らないでくださいね(^^;

語弊があったようですが、残念ながら

3年間で60PDUは、必ず稼ぐ必要があります。


正確には、私は、次のように記しました。

PDUとは1時間分の講習・研修と同程度と考えてください。
PMIから認定を受けた研修を、1時間受講すると、1PDUが取得できます。

つまり1年間に20時間の講習・研修を受け、それを3年間続ける必要があります。 ・・・もちろん、抜け道はあるけどね・・・


3年間で 60時間もの講習・研修を受けるとなると、
費用は嵩みますし、業務時間をさいての受講となると事実上不可能とも思えます。
しかし、この費用と時間を現実的なレベルまで緩和する事ができます。

それが私が3年間の実体験から学んだ、正当な手続きを踏みながら、
「いかに費用をかけず、時間をかけず、効率よくPDUを稼ぐか」という抜け道です。

はい、ここまで書いて何も語らず、Yahoo!オークションとかで
情報商材として売りさばいたらネタになるかなと頭に過ぎりましたが、
たいした手法でもないので、お伝えいたします。

  1. 実務経験はPDUになる。

    これを知らない人が意外の多いので、まず記しておきます。
    正当な手続きを踏むだけで15PDUを計上する事ができます。

    実務として一定時間のプロジェクト管理をされている場合、
    1年に5PDUポイントを計上する事ができます。

    計上方法はネットでPDUを計上する画面を読めばわかります。
    (必要ならば解説します。)

    つまり3年間で60ポイント稼ぐ必要があるとなっていますが、
    実務経験者は、3年間で15ポイントPDUが申告できますので、
    事実上、3年間で45ポイントだけ稼げば良い事になります。

  2. 1万円で25PDUが稼げる。
    前項で1年間に15PDUポイントを取得すればよい事になりましたが、
    PDUは1ポイントにつき研修1時間が目安です。
    年間15時間の研修費用は、とても自費で払いたくなる金額ではありません。

    会社が研修費用を出してくれる場合も、業務時間をさいて行ける程、
    皆さん、お暇ではないのではないでしょうか?
    勤務時間外で受講できる研修で、安く済むものを探す必要があります。

    そこでオススメなのが、インターネット系のPM関連教材。
    25PDUで1万円、1PDUの単価として400円という教材もあります。
    教材なので実際に勉強する事になりますが、
    自分のペースで自宅で進められるのが良いです。

    というよりもここが鍵です。
    教材は25時間程度の勉強量で作成されていますが、
    実際に25時間かけて勉強する必要はありません。
    教材全ページを表示したか、小テストや修了テストで一定の成績を納める。
    などと修了条件は定められていますが、全て個々人の能力に委ねられます。
    私は週末の1時間の勉強時間で、5時間分の教材を消化しました。
    週末1時間の勉強を1ヶ月間設けて25PDUが取得できました。
  3. IT企業のセミナーでPDUを稼ぐ。
    IT企業がPM関連のセミナーを開く事があります。
    その際に、PDUを付与する事もあります。
    その1つ、マイクロソフトが運営しているMPUFのセミナーがオススメです。

    PM、PMO等の実務経験者の講演を2時間聴き、
    講演後に1時間、講演者と聴講者で懇親会を開くという内容です。
    しかも懇親会あわせ、3時間で3PDU稼げて3,000円という手頃価格。

    しかも、PM経験豊かな先達者の言葉や、
    ITはもちろん、建築業、製薬会社等のPM手法、
    経済産業省のIT担当者が語る業界動向、
    PMOの組織作り、浸透方法の紹介、
    EVM、TOC、CPM、LPM、等のPM技法の勉強会など、
    幅広く、興味深いトピックに富んでいます。

    正直3,000円は破格の値段設定です。
    講演会ではお茶が出て、懇親会ではビールが出ますし。

以上のとおり、私は2年間で10PDU実務で計上しました。
2008年は、まだ5PDU計上していません。
そして、25PDUをネット系教材、会社研修で10PDU程、
残りの15PDUを、MPUFセミナー等の講演で消化しました。
自費としては3年間で3万円かかっていません。
この程度ならば、自己研鑽の意味と考えれば安いものと思います。

 

他にも色々と時間やお金のかからない、PDU取得方法があると思います。
皆さんが知っているPDU取得方法を、逆に教えていただけたら幸いです。

|

« 初音ミク3DPV「サイハテ カヴァー」 の紹介 | トップページ | 神調教・英語喋れるんです 【初音ミク】shiningray【オリジナル】 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

先日質問したものです。ご丁寧に解説ありがとうございました。
大変参考になりました。いろいろあるのですね。
PMPはお金がかかるものだから慎重に勉強していかないといけないなと思っております。
またPMPに関する情報を楽しみにしています。

投稿: | 2008/09/30 00:22

誤字、脱字、助詞が変と、推敲されておらずすみません。

PMPがとっつき難いのは、日本PMIの体制の弱さにあると思います。

受験料や更新料はアメリカで消費されているに違いません。少しはローカライズして欲しいものです。

受験手続のトラブルも対応は海の向こうですし、英語力がないときついです。昔はテスト問題も英語だったので、改善しているのですけれど。

とはいえ、日本PMIの公式情報がチープなのは解決されていません。

そこで微力ながら、PMP取得者として情報を補完する意味で発信できたらと思っています。

半分エロサイト何だけどね

投稿: きょこ | 2008/09/30 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/42627846

この記事へのトラックバック一覧です: PMP更新までの、PDU取得方法について:

« 初音ミク3DPV「サイハテ カヴァー」 の紹介 | トップページ | 神調教・英語喋れるんです 【初音ミク】shiningray【オリジナル】 »