« 西尾維新 きみとぼくが壊した世界 予約開始 | トップページ | 京極夏彦氏「魍魎の匣」アニメ化決定 from MOON PHASE »

2008/07/09

HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第6幕

題名に反して正しい使い方していないシリーズ6回目


同じネタを引きずって6回目になりました。
まだXPに換装されてさえいない、このスロースペース。

バックナンバーは以下の通り、なるべく最初から読んでいただくと、
管理人きょこの迷走加減が十二分にわかり、それなりに幸せな気分になれます。

【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第2幕
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第3幕
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第4幕
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第5幕



第1章 "Because it is there."でいこう!!

さて、前回5幕目は「XPインストール惨敗」編でしたね。
しかしPCの大手サイトなどは成功事例しか語らないので新鮮だったかと。
本音では、5幕で紹介したリカバリメディアを、HPから購入するのが、
初心者には一番安全な手だと私は思います。


でもね?


そこに山があるなら、そのてっぺんまで登りたくなるのがジョージ・マロリー
そこに困難があるなら、突破してこそのPCマニアと言えるんで無いだろうか?

ここで前回5幕目コメントを紹介いたします。
日本国のどこかにお住まいのHoniさんからのお便りです。

image

お便りありがとうございますm(_ _)m

『XPインストール惨敗>既に頼んであったリカバリメディアでダウングレード』
という負け犬っぷり全開の筋書きが陳腐化してしまいそうですよ。

つまり無印XPインストールDVDと、「SP+メーカー」なるツールを用いて、
XP・SP3用のインストールDVDを仮に作成してしまえという
なんて強引・・・じゃなくて知的な手法。
SP3のドライバさえあれば、HP2133へのXPインストールで、
ブルースクリーンで止まる事はありません。


image 
もう、ブルースクリーンなんて怖くない!!

え?そんなの常識だろ?
「SP+メーカー」は2004年窓の杜大賞 銀賞受賞作だって?
とか、開発元のA.K.Officeさんにヨイショしつつ、次章「SP+メーカー」編へ

第2章「SP+メーカー」によるHP2133 XP・SP3インストーラ作成


まず「SP+メーカー」のサイトにアクセスしてみましょう。
A.K OfficeさんのHPのサイドバーから「SP+メーカー」を選択します。

ソフトウェアの概要が記述されていますね。抜粋すると・・・

本ソフトウェアは、Windows 2000/XP/Server 2003 のオリジナルインストールCDをもとに、Service Packやその後にリリースされたアップデートを適用させたブート可能なISOイメージを作成するGUIベースのソフトです。


まさに私がズバリ欲していたものを作成するツールといえるでしょう。

早速、「SP+メーカー」をダウンロードしましょう。


とりあえず Version 0.86.1 (2008/06/30) への直リンク。

ファイル名 サイズ 説明
winsppm_full.exe 3,146 KB ランタイム同梱版(推奨)
winsppm.lzh 1,403 KB 最小版


すなおにランタイム同梱版インストールで問題ないです。
なるべく公式サイトで最新版を仕入れた方が良い事は確かです。
そうそう、素晴らしいソフトをフリーで公開してくださっているわけで・・・
A.K Officeさんのページのネット広告とか、自然と踏んであげたくなりますよね?

インストール後起動した画面が以下になります。

up-xelno1914

あ、まちがえた。こんな頼れないOSは「SP+メーカー」は取り扱っていませんね。

本当は、こちらの堅実な画面です。「WindowsXPタブ」を選択しておきましょう。
image

 

XP基本設定のCD-ROMドライブのプルダウンを変更し、
XPのインストールDVDをセットしたDVDドライブを指定します。
image

その状態で、CDに含める情報の取得ボタンを押しましょう。
image
ボリュームラベルが採れます・・・それだけです。


次に、作業フォルダと、出力先フォルダの指定です。
私は、作業フォルダをRAMDiskのRドライブ、
出力先をデータ用として使用しているDドライブ設定しました。
まぁ、適当に空き容量の多いドライブを選択すれば良いと思われます。

image
ちなみに出力ファイル名もここで指定。「winxpsp3.iso」としておきました。

 

更に、アップデートフォルダを指定します。
これはSP3のアップデートファイルをダウンロードするフォルダです。
image
ちなみにアップデートリストファイルは今回は指定しなくていいです。

そして、XP SP3のアップデートファイルをダウンロードします。
image
「Service  Pack 3」にプルダウンを指定して、ダウンロードを押すだけです。

SP3がダウンロードし終わったら準備完了。
詳細設定とかは、今回必要ないんで、おもむろに「作成」キーを押下してください。

image


以下のように WindowsインストールフォルダにSP3を統合する処理が走ります。

image

放って、コーヒーでもいれたり、煙草でもふかしたり、適当に時間を潰していると、
指定出力先フォルダに、指定ファイル名のISOイメージが作成されます。


ね?簡単でしょう? by ボブ

 

ISOイメージが出来たら、後はDVDに焼くだけです。
市販のDVDライターでも良いですし・・・
フリーならばDVD Decrypterを用いても良いでしょう。

image


以上が、WindowsXP無印のインストールDVDから、
WindowsXP SP3のインストールDVDを作成する方法になります。
面倒そうに見えるかもしれませんが、実際は、思うよりも簡単に作成できるので、
古いWindowsXPしか持っていない方は挑戦してみたてくださいね?


ちなみに、DVD作成には外付けIEEE1394DVDドライブが役立ちました。

SH010079 
物事は全て上手く収まるようになっているものですよ。


次回・・・ようやくXPインストール編

 

そういえば・・・今回HP2133と殆ど関係ない

|

« 西尾維新 きみとぼくが壊した世界 予約開始 | トップページ | 京極夏彦氏「魍魎の匣」アニメ化決定 from MOON PHASE »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41782460

この記事へのトラックバック一覧です: HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第6幕:

« 西尾維新 きみとぼくが壊した世界 予約開始 | トップページ | 京極夏彦氏「魍魎の匣」アニメ化決定 from MOON PHASE »