« HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第4幕 | トップページ | talestune:収穫の十二月 って面白いのかな? »

2008/07/08

HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第5幕

題名に反して正しい使い方をしていないシリーズ5回目。

気になるバックナンバーは以下です・・・

【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第2幕
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第3幕
【関連記事:HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第4幕

アクセス解析によると第3幕見てない方が多く、第4幕のネタが活きていない事が判明。
努力とは報われないものなのだよ、と人生の苦汁とか辛酸とか臥薪嘗胆とか。

4幕目まででXPインストール(ダウングレード)の準備が整いましたね?
バカ丁寧に3幕、4幕と2回に分けて準備してきた管理人も、
プロジェクトは計画段階で成功か否かが決まっているようなものさ、とかほざいています。

さあ5幕目はXPインストール(ダウングレード)実作業開始です。

まずは外付けUSB・DVDドライブをHP2133に繋げます。
当然、WindowsXPのDVDをセットしておきましょう。
image 

そして、おもむろに電源を入れましょう。
image
はい、このままボーっと画面を眺めていると、
普通にVista様が立ち上がってしまいます。

XPのインストーラを走らせる為、以下のおまじないをしましょう。

上記のようなhpのロゴマークと、
F9やらF10やらの文字が左下に書かれた画面が表示されます。
この画面でF9を押してみましょう。

以下のような起動デバイスの選択画面がでてきます。

image 
HDDブート、Netブート、USB-DVDドライブブート。
以上の3択になっているはずなので、USB-DVDドライブを選択して進めます。
「Press any key to boot from CD...」と表示されたら「Enter」キーを押下してください。


もしくは、先のhpロゴマークの画面でF10を押し、
BIOS画面を表示させて、起動オプションを変更してしまいましょう。

image
BIOSはAMIのようですね・・・System ConfigurationからBootOptionを選択し、
USB-DVDドライブを1st Bootに変更します。
再起動すると自動的にDVDブートしますよ。
「Press any key to boot from CD...」で「Enter」を押さなければならないのは、
先の起動デバイスの選択方法と同様ですけどね。

この辺りは自作PC作成マニアならば基本動作のようなものですね。
自作PC作成マニアじゃない人は、理解しようとしないで感じましょう。

PCはフォースです。

 

「Press any key to boot from CD...」で「Enter」を押した後、
ぼへーっと画面を眺めていると、XPインストーラ画面が立ち上がり、
XPを粛々とインストールする作業になります。

image

上記のような青い画面が表示され、
画面下部の灰色の部分に、ドライバを読み込むメッセージが表示されます。
昔は、ATAの種類などにより任意にドライバを読み込ませる必要もありましたが、
WindowsXP SP2以降は少なくなりましたよね。

 

はい、XPインストーラ画面が立ち上がりまし・・・た?
image

あれ?

これは、これは・・・

ブルースクリーンさんお久しぶりです\(^o^)/

そういえば私の持っているXP・・・無印しかねーし。
素直にリカバリディスクを購入しておけば良かった。

 

ちなみにリカバリディスクはHPリカバリメディアキット販売サイトで発注できます。
以下ボタンを押下してください。

image 

「日本HPリカバリメディアキットのお申し込みについて」と表示された画面に移ったら
2133で画面検索してみましょう。

image

上記画面から、XPのリカバリメディアキットを選択しましょう。

え? いやに詳しいな・・・だって?

ご注文日:2008/07/06 02:09:19
-------------------------------------------------------◆ご注文商品明細
店舗名:日本HP PC製品リカバリメディア販売窓口
商品名:2133 シリーズ Windows XP Professional (日本語版) 正規版 用 リカバリメディアキット(DVD)(【DVD版】)
    販売単価:\3,000 個数:1 割引額:\0 税込合計金額:\3,150
-------------------------------------------------------送料:630
代引き手数料:\315
ご購入総合計金額:\4,095
お支払い方法:代金引換
運送業者:佐川急便
-------------------------------------------------------

そういや第2幕の直後に、こんなメールが私宛に届いていました。


いやはやプロジェクトは計画段階で成功か否かが決まっているようなもの
・・・まさに真理のコトバでしたね。

次回へ・・・続け!

|

« HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第4幕 | トップページ | talestune:収穫の十二月 って面白いのかな? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

ブルースクリーンが出る問題、SP+メーカーなどでサービスパックを当てたインストールCDを作れば追加投資なしに解決しますよ。

投稿: Honi | 2008/07/08 01:09

>Honi さん
情報ありがとうございます。

「SP+メーカー」早速試してみますね。
こんな便利なものがあったとは・・・

やはりリカバリメディアに頼るのはどうかと思うので、
教えていただいた方法で、先に進めてみますね。

ちなみに本日時点でまだ届かぬリカバリメディア

投稿: きょこ | 2008/07/08 01:16

素直にXPダウングレード用のリカバリメディアから入れる方法って試された方っていますか?

>>主
XP-PROってOEMとかDSP版から入れてもいいのかしら...パッケージ版ので入れました??

投稿: うっうー | 2008/07/17 14:17

〉うっうーさん
パッケージ版でいれましたがDSPでも問題ないかと。

ダウングレードなわけでライセンスはvista、XPは単にインストールメディアと考えれば良いのかと。

つまりHP2133を2台買っても、1枚のXPでインスコおk

リカバリメディアは実は届いています。
おととい。

今更届いたと、ネタにするつもりが
今更G線上で魔王を演じていたら
タイミング逸した。

リカバリメディアは燃えないゴミにでも出しておきます。

投稿: きょこ | 2008/07/17 20:10

回答ありがとうございました。

とりあえずDSP版入れてMSがダメって言ったら
リカバリディスク取り寄せることにします。

その前に本体がまだ届かないと思ってたら
さらに出荷延期.....

投稿: うっう- | 2008/07/19 01:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41768533

この記事へのトラックバック一覧です: HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第5幕:

» HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第5幕 [キャノンの秘密]
... HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第4幕 (2... [続きを読む]

受信: 2008/07/08 08:52

« HP 2133 Mini-Note PC の 正しい使い方 第4幕 | トップページ | talestune:収穫の十二月 って面白いのかな? »