« 【ラップ?】リトバスメンバーが歌うそうです【タンクトップ?】 の紹介 | トップページ | 毎日新聞WaiWai問題 7/20毎日新聞の報告のぬるさ »

2008/07/21

田中ロミオ AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ 感想

田中ロミオ(ロミヲ)氏新刊
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)
読了です。

【関連記事:田中ロミオ新刊発売 AURA~魔竜院光牙最後の闘い~
でのコメントはタイトルとあらすじでB級のにおいがプンプンとしましたが、
はい、ごめんなさい、ロミオ先生は偉大。面白さはA級です。

 

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~』というタイトルの痛さも全て計算。
しかも、本書を一言で言い表すならばという問いに対しては、
『魔竜院光牙最後の闘い』が最もぴったりはまる言葉。脱帽。

ロミオ氏の掌の上で心地よく踊らされてしまったわ。


田中ロミヲ流・学園ラブコメ!?と帯にはキャッチコピーが書かれています。
うん、胸をはっていいましょう。

正統派ラブコメです。

ボーイミーツガールです。

ガールを救ってなんぼなボーイの「れぞんでーとる」です。

ハッピーエンディングは当然。

ほほを染めたヒロインと手を繋いで歩く未来なのです。

ラブコメ以外のなんでもないのですぅ。 ←「ぅ」にこめられた大人の言い訳。

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)

著:田中ロミオ

イラスト:mebae


おすすめ平均 star
star守ってくれ<魔障壁>!弱い弱い俺を、今だけでもいいから支えてくれ!
star戦士症候群を以って妄想戦士を制す
star魔竜院光牙の闘いは今始まったばかりなのだから−

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

しかしmebaeさんのイラストは美麗ですね。表紙の可愛らしさといい。
image


良子さんの瑪瑙の目に見つめられると、それだけで惚れますね。

image

 

 


以下、一応ネタバレに近いので注意。

 

 

 

 

田中ロミオ氏と、禁書目録の挿絵で名が売れた灰村キヨタカ氏。
両者が手を組んだrufから発売されたエロゲ「ユメミルクスリ」なるものがあります。

 

ユメミルクスリ (初回版)
ユメミルクスリ (初回版) おすすめ平均 star
star程よい長さ。
star読みやすい
star母は強し。父も強し。ついでに妹も強し【あえか・弥津紀シナリオ】
star良作。泣けます。
star良ゲーであることは間違いない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

既にロットアップし、Amazon中古価格が10万とか笑える価格になっています。
ちなみに管理人は当然のように初回版をもってます(^^;

この『ユメミルクスリ』と、本書『AURA 魔竜院光牙最後の闘い』は、
姉妹作品といっても過言じゃない程、似通っています。

"その他大勢"の一人として、のらりくらりと暮らす事を是とする主人公。
そして"普通"とズレているヒロイン。
主人公はヒロインに近づき関わり手をとり合って
"普通"という得ることが難しい世界から、とりこぼれるように堕ちてゆく。

 

『AURA』はライトノベルということもあり、
一応対象年齢が18歳未満の将来有望な子供達の目に触れるということで、
妄想戦士達が最大勢力だったり、教師も味方だったりと・・・

竜騎士07風に言わせると、難易度が低い。

しかもコミカルにハッピーエンドっぽく幕は閉じる。


その点、『ユメミルクスリ』は18禁。そして
『螺旋回廊』を世に送りだしてしまったrufが手がける作品でして・・・
もうね、難易度は極悪ちゅうか

先を読む心をへし折られるぐらいにキツイ。

とはいえ『螺旋回廊』のように人生感を変える難易度ではないので大丈夫。

B000NGRTQO 螺旋回廊 復刻版 (1-2パック)

ru'f 2007-04-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『君が望む永遠』を、普通の純愛と微笑みながらプレイし、
『螺旋回廊』や『ユメミルクスリ』に耐える心がなければ、
現実社会の荒波には耐えられないと思うのだよね。


妄想が一切入らぬ現実は、生きるか死ぬかの舞台なのだから。
妄想戦士だろうが、本当のノーマルな人であったとしても、
社会というか組織というか人の群に目をつけられると、
心の骨さえ残らぬままに喰い尽されるわけでして。
そして皆、そのような弱肉強食の原野で生き長らえてきた猛者なわけで。


主人公の終盤の吐露


「みんな努力して普通になった。
努力を放棄したもの、安易なヒロイズムに罹患した者に救いなんてありはしない。
駆逐されちまえばいい。」


至言なわけですよ・・・でもね。


ライトノベルのような妄想というより幻想小説においては、
社会の汚泥をそのまま描くのではなく、
ちょっとマイルドに主人公・ヒロインが救われる道を示すのが
読者にとって清涼となりうるのは確かだね、とかヘタれてみる。

だからこそ、佐藤一郎くんが、魔竜院光牙となって
神殿から佐藤良子さん、もとい、リサを救いだすシーンが心地よいと思うのです。

現実に引き戻すための力が妄想戦士の力だなんて、
皮肉なんだけど、微笑んでしまうよね。

 

そして最後の妄想戦士シンドロームの中で女王大島さんの震える声。

「・・・・・・ひきょうだぁ」

・・・はい、一番萌えました。

 image
ちなみに踏ん反りかえってるのが大島さんです。
1軍のAURAは、やっぱり違うよねぇ

 

全国の佐藤一郎くん・良子さんが、
現世の悪魔と闘える心を、育てあげられることを祈る。

 

・・・あ、感想になってねぇ、まぁ、いいか。

|

« 【ラップ?】リトバスメンバーが歌うそうです【タンクトップ?】 の紹介 | トップページ | 毎日新聞WaiWai問題 7/20毎日新聞の報告のぬるさ »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41928797

この記事へのトラックバック一覧です: 田中ロミオ AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ 感想:

« 【ラップ?】リトバスメンバーが歌うそうです【タンクトップ?】 の紹介 | トップページ | 毎日新聞WaiWai問題 7/20毎日新聞の報告のぬるさ »