« OADネギま が 終っている件 | トップページ | 初音ミクの細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SPECIAL 紹介 »

2008/06/05

一迅社文庫 魁 「死神のキョウ」 感想

一迅社文庫創刊にあたり、CLANNADのシナリオライタ魁氏の
「死神のキョウ」を、読まないと駄目かなという使命感にかられた。

先日紹介した、「零と羊飼い」が、思いもよらず佳作であったので
少々、浮かれてしまい無防備になっていたかもしれない。

 

正直、「死神のキョウ」は読むに値しない。

 

麻枝さんが魁氏をクビにしたというエピソードが想い浮かんだ。
彼が手がけた杏シナリオは私の心を打たなかった事実もある。
とはいえ、彼の渾身の小説には期待していたのである。

しかし、その結果は惨憺たるものであった。

ツンデレキャラのアーキタイプが空回りする空疎な話にしかすぎない。
ただ著者の筆の進むままのオナニーのような文章がひたすら続く。
エピソードの繋がりは全くなく、ヤオイ受けを狙っただけのキャラなど、
読者に媚びを売るだけが為の無為な会話が続く。

これほど読んでいて不快に思った小説はない。

彼が何を読者に伝えたかったのかテーマ性も全く伝わらなかった。
そしてエンターテイメントとしても、全くもって評価できない。

私は二度と彼の名の入った小説・ゲームには手を出さない。
彼は今、アクアプラスに流れついたそうですが、
彼がLeafから何かしら発表したとしても、私は絶対購入しない事を誓う。

 

死神のキョウ (一迅社文庫 か 1-1)
死神のキョウ (一迅社文庫 か 1-1)

一迅社 2008-05-20
売り上げランキング : 3578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
死図眼のイタカ (一迅社文庫 す 1-1)
ある夏のお見合いと、あるいは空を泳ぐアネモイと。 (一迅社文庫 し 2-1)
黒水村 (一迅社文庫 く 1-1)
ANGEL+DIVE (1) (一迅社文庫 (し-01-01))
ふたかた (一迅社文庫 わ 1-1)

|

« OADネギま が 終っている件 | トップページ | 初音ミクの細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SPECIAL 紹介 »

ライトノベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41429799

この記事へのトラックバック一覧です: 一迅社文庫 魁 「死神のキョウ」 感想:

« OADネギま が 終っている件 | トップページ | 初音ミクの細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SPECIAL 紹介 »