« フリーダムスター ドアラ フィギュア化 | トップページ | 「ブラック★ロックシューター」 halyosy ver. の紹介 »

2008/06/14

ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(概要編)

注意
この記事は、ココログフリーないしプラスで、
GoogleAdSense広告を記事下に挿入する方法を紹介しています。
しかしながら、少々、アクロバティックな手法を使うことから、
もしかするとGoogle様より指摘を受け、または問答無用で
AdSenseのアカウントを停止させられる可能性があります。
もし、同様の手法を試される場合は、自己責任で対応してください。


 
無粋な注意文は重要なので、ちゃんと目を通してね。
それでは本編はじまり、はじまり。


□記事下に広告を表示する効果

  1. てけとーにAdSense広告を表示するとどうなるか?
    さて、GoogleAdSenseに手を出したブロガーの方は、
    AdSense広告が殆どクリックされない事にお気づきかと思います。
    いや、私のサイトだけなのかもしれないけどさ。
    楽しんでブログを更新しているついでに、
    1年に一度飲み代が出るならいいなぁ・・・
    と妄想してサイドバーに表示した次第なのですけれど、
    3ヶ年計画に変更せざるを得ない状況になっています。

  2. クリック数を増やす為の広告位置とは?
    やはりクリックしやすい位置に表示するのが一番と思うんですよ。
    どの位置にある広告がクリックされたか調査するための
    チャネルという機能があります。
    チャネルを活用する事で、効果的な広告位置を知ることができるようです。

    その結果、やはり記事下に広告表示すると、
    幾分クリック率は高くなるといった噂があります。
    私は本日実装したばかりで、事実かどうかわかりませんけど。

  3. では実例は?
    ココログでブログを運営している有名人といえば・・・眞鍋かをりさん。
    彼女のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」の記事下には
    GoogleAdSenseの記事が挿入されています。
    下記図のようなイメージですね。
    image
     

    うん、こんな感じのが作りたいですよね。

□現時点での問題について

  1. ココログプロの素晴らしさ?について
    フリー・ベーシック・プラス・プロとサービスプランが4つに分かれています。
    このうちココログプロの場合は簡単です。

    「html/CSSの直接編集」機能があり、htmlテンプレートが直接いじれるからです。

    実際には「Individual Archives」編集し、
    AdSense広告のスクリプトコードを書き足してあげるだけでよい。

    さすが月950円も払っているだけあって、機能豊富。
    ココログプロは素晴らしいなぁ・・・

    はたして、そうなのか?

  2. Niftyのあざとさについて
    ブログのユーザー数が多いからといって、胡坐かいていると思うのですよ。
    アフィリエイト広告を掲載するか否かは、
    ブロガーの主体性に任せるべきだと思いませんか?

    月950円払って、10個ブログ運営できるのは正直お得かなとは思うけど、
    HTML・CSSの編集は、せめてプラスには認めて欲しかった。

    ・・・私、プラスだからね(ぉぃ

  3. ココログプロでなくては、記事下広告は表示できないの?
    ココログフリー・ベーシック・プラスでも記事下広告は可能です。

    マイリスト経由でスクリプト実行ができる以上、
    HTML、CSSは動的に書き換える事が可能です。

    つまり記事下にある特定の要素を狙って、

    AdSense広告を動的に挿入してしまえば良いだけです。


□で、どうすんのよ?

  1. 概要
    ココログの記事の一つ一つは <div class="entry"></div>で囲われています。
    その中で、<div class="entry-body-bottom"/>という要素がありますが、
    これが記事下の位置に挿入されるレイヤーになります。

    image 

    つまり、このレイヤーにGoogleAdSenseの広告生成コードを挿入すればよいだけです。

  2. 注意点(CSS)
    当然 entry-body-bottomは、CSSでスタイルが定義されています。
    大凡は、height:1pxが設定されているので、コードを挿入しても表示されません。

    CSSを上書きして、entry-body-bottomのheightを100pxぐらいに拡張しましょう。

  3. 注意点(AdSense生成コード)
    AdSense生成コードをどのように挿入するかですが・・・
    entry-body-bottom要素を取り出して、createElementした動的JavaScriptコードを
    AppendChildしたところ・・・どうも上手くいきませんでした。

    したがって別途htmlにAdSense生成コードを書き出し、それをiframeで呼び出すようにし、
    そのiframeタグを、entry-body-bottomに、innerHTMLで追記するようにしました。


□意味わかんねーよ?

  1. 「で、どうすんのよ?」を読んでも意味不明なんですが?
    需要があれば、詳細の設定方法について解説していこうかと思います。
    まぁ、無いと思いますけれど・・・



詳細編は以下です。

Thank Thee!: ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(詳細編)

|

« フリーダムスター ドアラ フィギュア化 | トップページ | 「ブラック★ロックシューター」 halyosy ver. の紹介 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

記念となる99999を踏んでいただいたお客様
もし興味ございましたら、
GoogleAdsense記事下、自動作成の詳細をお伝えします。

投稿: きょこ | 2008/06/30 11:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41529458

この記事へのトラックバック一覧です: ココログフリーで記事下に「Google AdSense」広告を表示する(概要編):

« フリーダムスター ドアラ フィギュア化 | トップページ | 「ブラック★ロックシューター」 halyosy ver. の紹介 »