« インターネットウルトラクイズで100万円をゲットしよう! | トップページ | 【3DCG】もってけ!初音ミク+2【ねんどろいど】 の紹介 »

2008/05/21

WindowsXP管理外メモリのRAMDisk化 プリンタスプールで利用する

先日紹介した以下記事の関連記事です。

【関連記事:WindowsXP管理外メモリのRAMDisk化 実践レビュー


RAMDiskの利用方法として
プリンタスプールをRAMDisk上のフォルダにする方法も考えられます。

どこで設定するかですが・・・
「プリンタとFAX」を開き、「ファイル」-「サーバーのプロパティ」を選択します。
「サーバーのプロパティ」ダイアログの「詳細設定」タブに、
スプールフォルダ欄があるので、ここにスプールフォルダをフルパス指定します。

image

上記画面の右下が「サーバーのプロパティ」ダイアログ、詳細設定タブになります。
スプールフォルダがデフォルト値になっていますが、
ここで「R:\SPOOL」などとRAMDisk上のスプールフォルダに設定します。

 

なお各プリンタの設定プロパティの詳細設定タブで、
「印刷ドキュメントをスプールし、プログラムの印刷処理を高速に行う」、
「全ページ分のデータをスプールしてから、印刷データをプリンタに送る」
上記2点を指定しておくとスプールが活用できます。

image

効果の程は・・・あんま実感ないねぇ(^_^;

|

« インターネットウルトラクイズで100万円をゲットしよう! | トップページ | 【3DCG】もってけ!初音ミク+2【ねんどろいど】 の紹介 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41272978

この記事へのトラックバック一覧です: WindowsXP管理外メモリのRAMDisk化 プリンタスプールで利用する:

« インターネットウルトラクイズで100万円をゲットしよう! | トップページ | 【3DCG】もってけ!初音ミク+2【ねんどろいど】 の紹介 »