« CHAOS;HEAD と 渋谷の街 センター街編 補足 | トップページ | 【初音ミク】「泉の女神」~月夜の森にて~【3DPV】 の紹介 »

2008/05/11

KSL LIVE WORLD 2008 行ってきた、跳んだ、楽しんだ

Key 10周年記念ライブ。
喜びのチケット当選の報がありました。
5月4日(日)には、4時間半に亘る音楽の奔流『OTSU#2』で盛り上がりました。

そして5月10日(土)、KSL LIVE WORLD 2008 TOKYO 開幕です。

雨がしとしと・・というよりも結構強め。
そんな悪天候の新木場「STUDIO COAST」の前に人、人、人。全てヲタ。

私のチケットは整理番号106。前から2列目の絶好のポジショニングを確保。
既にこの時点で、盛り上がってきましたよ。

棗鈴の声で注意事項を館内放送。OTSU#2のときと同じ演出。
ヲタには嬉しすぎるわけで、始まる前から皆のボルテージもあがる、あがる。

 

--- そして幕もあがる。

Rita
Little Busters!(リトルバスターズ!)
まず最初はRitaさん、リトバスOP曲。
最初から皆飛び跳ねまくる、最初からのこのノリで大丈夫かという程。
管理人きょこは、2003年にRitaさんのLiveに参加しています。
そのときは、観客は30名ほど、成長したなぁRitaさん。
声も最初から出てます、場を盛り上げる根っからのライブ巧者。
貫禄さえ伺えます。 身体はスリムになったけどね(^^

曲が終り、折戸さん、民安さん 登場。
場内 折戸コール 本当にお前等折戸好きだなぁ・・・私も好きです。

 

Rita
Song for friends(リトルバスターズ!)
遥か彼方(リトルバスターズ!)

Ritaさんが続いて、しっとり落ち着いた名曲二つ 
「遥か彼方」はOTSU#2のトランスバージョンも良かったけど、
やはり原曲最高。ゲームのシーンが想いだされ、涙が滲みます。 
しかも原曲は収録という事もあり、抑えて綺麗にまとまっていますが、 
ライブでは・・・Ritaさん声量出る出る、突き抜けるほど出る。 
聴かせてくれます。泣かせてくれます。胸が熱くなりました。


Rita
Alicemagic(リトルバスターズ!)
Ritaさんパートを締めくくるは、折戸氏入魂のAlicemagic。
イントロのリードギターから、むちゃくちゃ格好良い。
否、くちゃくちゃ格好良い。
リトバスで私が一番好きな曲。生で聴けるとは感動です。



茶太
 
メグメル(CLANNAD)

2番手は茶太さん。CLANNAD主題歌メグメルです。
原曲はもちろんeufoniusのriyaさん。 
アニメ CLANNADのED曲を歌っている茶太さんがカヴァー。
最初は少々緊張してたかな・・・無理ないです。 
茶太さんって、ここまで大人数の前で歌ってないと思うし。 
茶太さんは同人から駆け上がった人ですし、 
ユーザ側代表でステージ立ってるぞーっていうイメージが強いです。
あの慣れない仕草がいちいち萌える。

スクリーンに智代の顔が映る度に起こる智代コール(^_^;

折戸っち、またもや登場。茶太さんの衣装を見て萌えますねとか。
茶太さんもスカートひらりと1回転・・・・・・前列2列目でよかった。

 

 

茶太 
オーバー(ソララド)
茶太さん2曲目はCLANNAD18話のフラグ・バキバキシーンで流れる曲
元はCLANNADのイメージアルバム「ソララド」からですね。
もちろん原曲の歌い手はriyaさんです。この曲を聴くとね・・・ 



 

脳内が、杏の顔で埋めつくされるんですよ。 
麻枝さん、杏アフター作ってください。

茶太
一万の軌跡(ソララド)
この曲は知らない人多かったかもしれませんね。 
やはりソララドからriyaさんの曲です。 
Key作品に共通する人間賛歌あふれる曲です。

生きていく 生きていくんだ 生きていくことが醜くても
生きていく 生きていくんだ 生きていくことで守っていく
生きていく 生きていくんだ 生きていくことが醜くても
生きていく 生きていくんだ 生きていくことで輝きだす

強い意志溢れる曲です。CLANNAD AFTER STORYで流れる事でしょう。 
  

茶太 
小さなてのひら( CLANNAD)
茶太さん最後の曲はCLANNADのEDテーマ。

だんご大家族かと思ってたら、小さなてのひら、きちゃいました。 
ゲームにて最初に聴いたとき、思わず泣いてしまった曲。 
汐が登場するAfter編こそがCLANNAD本番ということを、 
アニメのみのファンは知ることになるでしょう。

命と命がつながって、受け継がれ、輪が広がってゆく様、
これは涙腺直撃しましたよ。
茶太さんの声質、riyaさんと似ているのか、違和感なし。 
茶太さんもCLANNADの曲が大好きという事です。 
その思い、やさしさも伝わってきました。



Lia
Light colors(智代アフター)
Liaさんキターてな感じ。 
やはり歌の上手さだけならばと、Liaさんがずば抜けてます。 
クリスタルのように澄み切った高音が心地よすぎる。 
それでいて平坦でなく表情のある艶のある声。

この人の凄いところはデビュー時に既に完成されていた事。 
デビューライブが渋谷O-WESTかO-EASTで開催されたとき、
物怖じせず歌いあげてくれたことを思い出しました。 
あの頃はMC下手で、あまり喋られなかったのにね・・・ 
明るいおネーサンキャラで落ち着いたのか、はきはきしていました。


Lia
Life is like a Melody(智代アフター)
続いて智代アフターED曲。
智代アフターは好き嫌い分かれるけれど、私は大好き。 
CLANNADの人間賛歌の到達した物語だと思っていますから。  

ひとりになっても歩くんだ
誰もいなくなってそれでも
ふるえを忘れないこの命は
希望を刻んで進むんだ

智代の気高さ、やさしさ、強さを、 
Liaの楽器に負けない天に通るかのような声が現していました。


民安ともえ
鈴の密かな恋の唄("鈴の密かな恋の唄 / Mission:Love sniper")

Liaさん衣装なおしの間に、民安さん・・・否、棗鈴が歌ってくれました。 
OTSU#2でKSLでも歌うよと伝えてくれたこともあり、予習は万全。 
会場の皆さんのクラップハンドを交えて盛り上がりました。 
鈴の声で歌うのきつそうでしたが(^^;

 

麻枝准
たぶん、このタイミングで麻枝さんのビデオメール。
内容は・・・エロいっていう事と

感じるマンゴー。
麻枝さんが居る限りKeyについていこうと心に決めました。
喋っている事はエロだけなのに、何で、あんなに格好良いのか?



Lia

Spica(Hanabi/Moon)

Liaさん白いドレスに着替えてからの1曲目。 
ゲーム曲ではないので知らない人も多いかも。

Spica/Hanabi/Moon / B0002CCN88
2004-06-25
この商品の詳細を見る

  KSLから出てる曲です。

 

いつ消えるか判りませんがニコ動のリンクも。


 

Lia

Birthday Song,Requiem(Birthday Song,Requiem) 

こちらも知らない人多いでしょうね。やはりKSLから出てます。
Liaさんの曲は良い曲多いのだけど、 
何故かマイナーで知られていない曲が多い。

Birthday Song Requiem / B0002CCN7Y
2004-06-25
ASIN:B0002CCN7Y
この商品の詳細を見る



これを機に皆、例の曲だけじゃない事を知っていただければ。

 

 

ここで折戸っち登場も、Liaさんにタイトルコールを譲り退場。
相変わらず折戸コールは凄まじい。愛されすぎですw
当然、タイトルコールだけで盛り上がる曲といえば・・・

Lia
鳥の詩(AIR)

鍵っ子においての国歌。 
あまりにも有名になってしまった折戸さん出世曲。 
そしてLiaさんを歌手として選んでくれたKeyに感謝します。 

Liaさんは生でも、全く声がぶれなく通ります。

Liaさんの澄み切った声でないと、 
鳥が飛び立つ空の青さを表現できないかと。


いやぁ、前列2列目だとLiaさんと目が合うんだよ。
これはいい!! (大いなる勘違い)

 


Lia,Rita,茶太
風の辿り着く場所(Kanon)
Liaさん、Ritaさん、茶太さん全員登場。
最後の〆はみんなで歌いましょうと、画面には歌詞も表示。 
皆で合唱モードです。飛び跳ねるわ、手を叩くわ、歌うわ、叫ぶわ。

盛り上がるという事はこういうことを言うんですという状態。
歌手の皆さん、最後はマイクを会場に向けていました。
終えた後の充実感、一体感、これはLiveでしか味わえませんね。

ここで、お約束の終了宣言。そして・・・アンコールの唱和。

 



Lia
夏影(AIR) 
アンコール1曲目は、Liaさんで「夏影」
最初のシングル曲というから、てっきり「SHIFT」かと思いましたよ。 
「夏影」ボーカルバージョンもKSLから発売したマキシシングルです。

  
Natukage/nostalgia / B000079505
2001-12-24
ASIN:B000079505
この商品の詳細を見る 


  
ゲームには挿入されていない曲ですけど、
もうAIRを代表する曲の一つになってますよね。
月影と同じく、夏影の影は光の意。 
夏の陽射し(light)の中、落とした二人の影(shadow)
タイトルでAIRのストーリーを全て語っているんですね。

麻枝さんの作詞です。
夏影なんて造語をさりげなく作り出すエロい人です。
感じるマンゴーとか言ってるだけの人じゃないんです。

青空、AnaとLiaが歌い上げたKeyの名曲は多すぎます。 
その中で月影をチョイス。Keyさんわかっていらっしゃる。

茶太
だんご大家族(CLANNAD)
 
アンコール2曲目は、CLANNADアニメのED曲。
最近放映したばかりだし知名度は抜群な曲ですね。
茶太さんのカワイイ声になごむ。

最後はみんなで家族のように大合唱。これぞだんご大家族。

Rita
Little Busters!-Little Jumper Ver.(リトルバスターズ!)

最後の曲です。締めはリトルバスターズED曲。

Jumperバージョンです。
リトバスヒロインたちがジャンプするイメージが頭で再生。

 image

Ritaさん会場をのせるの上手すぎ。
会場の熱気は最高潮、みんなJumperになって凄い盛り上がり。
Little Busters!ってライブの為だけに作られた曲じゃないかと疑ってしまうほど。

 

最後はみんなで大きくジャンプ!!

 


 

帰りがけにお祝いの花を見たところ・・・

milktubとか、西又葵さんとか。

image image

 

 

 

ゲストで来てくれればよかったのになぁ、第二文芸部だったら大歓迎だったよw

 

最後にSTUDIO COASTの壁に浮かび上がる、
KSL LIVE WORLD 2008の文字を背に、会場を出たのでした。

image

 

帰りがけに「鍵っ子最高!!」「大阪で会おう!!」と声をあげる皆さん。
数多くライブには参加していますが、今回のライブは大いに盛り上がりました。

Keyの作品のテーマに共感し、涙できる人達が集まったわけで、
ただの音楽好きということではなく、
心の奥でつながる事ができた、素晴らしいライブだったと思います。


残念ながら私は大阪は出られません。大阪参加メンバーに締めは託します。
そして来年、またKSLが開催される日に、皆様と再開できる事を楽しみにしています。

 

最高のライブでした。

|

« CHAOS;HEAD と 渋谷の街 センター街編 補足 | トップページ | 【初音ミク】「泉の女神」~月夜の森にて~【3DPV】 の紹介 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

自分も、KSL Tokyoにいったのですが、かなり後ろのほうでした。w
もしかして茶太さんのクルリで○○○をお目にかかってしまったのですかっ!?!?!?w

ぜひ真相をお願いします。w

投稿: taku | 2008/05/18 01:59

くるりでスカートがふわりと舞う姿はしかと目に焼付けましたけれど、流石に2列目でも、○▲×はお目にかかれないですよぉ(^_^;

投稿: きょこ | 2008/05/18 17:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/41165936

この記事へのトラックバック一覧です: KSL LIVE WORLD 2008 行ってきた、跳んだ、楽しんだ:

» KSL.Live.World東京 参加者レポート総まとめ:音楽 [Key to Hearts]
まずはレポートまとめエントリーを書いたブログ ◆◆◆ Key Style ◆◆◆ KSL.L.W東京 参加者レポート! nowsの創造した世界  KSL Live in Tokyo簡易まとめ 次に歌われた曲一覧です。(大阪のために反転処理致しました) 1曲目:Little Busters!(Rita) 2曲目:Song for friends(Rita) 3曲目:遥か彼方(Rita) 4曲目:Alicemagic(Rita) 5曲目:メグメル(茶太) 6曲目:オーバ... [続きを読む]

受信: 2008/05/11 14:56

» KSL Live World 2008 - way to the LittleBusters! EX - 東京 [Time of bliss - ゲーム音楽・関連イベントの記録]
KSL Live World 2008 - way to the LittleB... [続きを読む]

受信: 2008/05/12 01:32

« CHAOS;HEAD と 渋谷の街 センター街編 補足 | トップページ | 【初音ミク】「泉の女神」~月夜の森にて~【3DPV】 の紹介 »