« 08年4月20日の散財日記 | トップページ | Sugar+Spice Party☆Party 入札予約した »

2008/04/22

自宅NAS復旧計画(TeraStation RAID5の復旧)

先週末4/19(土) 自宅のNASが壊れました。

前日4/18(金)から当日朝まで新宿で飲んでました。
始発過ぎぐらいの電車にのり朝帰りし、
自宅PCを起動したところ、自宅NASに繋がらない。

はてな?とNASの前面パネルを覗くと・・・
ディスク4のアラートランプが赤く点滅している。
3年に一度のイベント、HDDクラッシュです。

NASですし、自宅環境のストレージを一手に引き受ける重要な箱。
当然、思い出の写真やら溜め込んでいるわけで、
復旧しうるようRAID5を組んでいるのは当然です。

 

ハードウェアはBUFFALOのTeraStation HD-HTGLシリーズの1.0TBモデル。
家庭用NASが出始めた際に勢いで買ってしまったものです。
当然家庭用NASという事もあり、ホットスワップなぞありません。

そこで交換用HDDをどうするか悩み、公式サイトを参照する事に。
交換対応用HDD(HD-HQFBシリーズ)が掲載されていました。
型番違うHDDでも容量揃えれば代替可能とは思いますけれど、
色々悩んだ挙句に修復失敗したら悲しいので、買うことに決定。

公式サイト直販では私のモデルで必要な250GBディスクは23,200円。
ちなみに同じ金額で、1.0TBのHDDが普通に買えちゃいますね。
ボロい商売やってるなぁ。

なんか癪に障るのでAmazonで購入することに。
20,066円也・・・やっぱ高い。

仕方なく購入し、届いたのが今日4/22(火)でした。 
あとは公式サイトのマニュアルを片手に、故障HDDを
新たに購入したHDDと交換しました。

これが面倒くさいのなんのって・・・
マニュアル読んでいただければわかりますが、
ひたすらネジを外し、カバーを外し、ケーブル外し、HDD外し
交換したと思いきや、逆に、今まで外した部品を組み立てねばならない。
設計したヤツ・・・あまりにユーザビリティ考えていなすぎ。
家庭用NASなんだから、楽させてくださいよ。

と、思ったら新型TS-HTGLシリーズは、
HDD交換が楽なフロントオープンベイになったらしい。
fct_t_02_1

かなり実用的になったんじゃないかな?
てか、初代TeraStationがアホすぎるという噂もある。

BUFFALO TeraStation LAN接続HDD TS-H2.0TGL/R5 / B000KJT9WG
 
 
 
 
 
 

2.0TBモデルのAA貼っておいたけど、1.0TB、1.6TB、2.0TB、3.0TB、4.0TBと種類も豊富。
2.0TBで、Amazonで81,800円程度ですね。これが手頃かもしれない。
他ディスクも老朽化しているだろうし、これを機に次期NASを購入しようかしらと考慮中。
 
話戻して、復旧はディスク交換後、ブラウザからIP指定して管理画面を表示し、
TOP画面からエラー表示文言をクリック。
HDD一覧みたいのが表示された後に、交換したHDD横にあるチェックボックスにチェックを入れる。
そんで、おもむろに復旧ボタンをポチっとな。
 
あとは自動的に復旧処理が開始されます。私の環境で修復まで240分とか・・・。

修復中の画面。気長に待ちますかね・・・
image

|

« 08年4月20日の散財日記 | トップページ | Sugar+Spice Party☆Party 入札予約した »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/40965031

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅NAS復旧計画(TeraStation RAID5の復旧):

« 08年4月20日の散財日記 | トップページ | Sugar+Spice Party☆Party 入札予約した »