« サウンドハウス個人情報流出問題の対応 | トップページ | ストーンヘンジ パノラマ »

2008/04/08

CLANNADオンラインをマジに作ってた件について

先月、「CLANNADオンラインはありえない」などと、「飛天オンライン」「ホーリービースト」で行われたCLANNADタイアップを紹介したのだけれど・・・

ドワンゴがマジでCLANNADオンライン作ってました。

ITMediaにずばり掲載されていましたよ。 『 「CLANNADは人生」を3Dで実現 ギャルゲーキャラと暮らす仮想空間、ドワンゴなど開発』だってさ。

サービスの名称は 「ai sp@ce」というらしい。

@を入れるところが、あからさまにヲタ狙いと感じて嫌気がさすね。

ビジュアルアーツ、オメガビジョン、サーカスのエロゲ3社が、各社のタイトル「CLANNAD」「SHUFFLE!」「D.C.II」(ダ・メーポII)の世界観を提供し、仮想空間上に再現したらしい。

さて、ダメさ加減を説明していこうか。

①仮想空間全体がギャルゲキャラまみれで・・・もうね
(何この不思議空間・・・)

l_yuo_aispec_05


②ゲマズとか再現しちゃってるあたりが・・・もうね
(ヲタは無条件でアキバ好きだと思ってるだろ?)
l_yuo_aispec_11


③ゲームキャラとおしゃべりできるんだぜ・・・とか・・・もうね
(中身はサクラのおネーサン・・・とか何処の出会い系?)
l_yuo_aispec_04

④ゲームキャラと一緒に暮らせるとか・・・もうね
(育てるとか記事に書いてある・・・最低)

l_yuo_aispec_15


企画者は以下のように語る。

「ネット上に初音島(D.CIIの舞台)を作って土地を売りたい。主人公の女の子の隣の家は、高い値段で売れるのではないか」

 

・・・妄想は寝言だけにしろ

 

ビジュアルアーツ企画者は以下のように語る

「『CLANNADは人生』という言葉が昨年、流行語大賞の候補にもなったが、これは意外と本質をついてるのでは。ゲームの中の街で人生を送るようなものにしたいと、企画者は当初から考えていた」

・・・意味が全く違うだろ?

ネトゲではなくエロゲ・ギャルゲをエサにした
集金の為のメタバース構築と、素直に言えと。

これが流行ったら日本のヲタを疑う。

なお 『画面は開発中のものです』『(C)ai sp@ce製作委員会』ってことで。

|

« サウンドハウス個人情報流出問題の対応 | トップページ | ストーンヘンジ パノラマ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/40819371

この記事へのトラックバック一覧です: CLANNADオンラインをマジに作ってた件について:

« サウンドハウス個人情報流出問題の対応 | トップページ | ストーンヘンジ パノラマ »