« CHAOS;HEAD 体験版Ver.2公開!! | トップページ | CHAOS;HEAD 体験版Ver.2 感想 »

2008/04/12

2007年度北米ゲーム市場の記事を読んだ雑感

Game-Sparkの記事「空前の大ヒット続出の昨年度・・・」を読んで思う。

まず、マルチプラットフォームを使ったフェースを増やした販売方法が常識となりつつあるなという事。すでにPS2レベルで映像的には許容できるレベルに達している。日本と違い貧富の格差が大きい北米市場では当然の現象なんだろうね。その意味で世界1のプラットフォームは依然としてPS2だということ。いくら次世代機(XBOX360、PS3)がHDを謳っても、まだ市場が熟していない。

といいつつ、2位の「HALO3」800万本の凄まじさ。次世代機(XBOX360)単体での売上げ本数としては勿論現時点でTOP。北米市場でXBOX360優位に押し上げたのは「HALO3」というキラータイトルの存在があったからこそ。ベスト100の売上げ一覧を見ても、単体ハードでのランクインが目立つのはXBOX360とWii。PS3の苦戦が良くわかる。やはりゲーム機はソフト重視ということは自明。今期になって漸くPS3のキラーソフト「メタルギアソリッド4」が発売される、どれぐらい巻き返すかが楽しみ。

Halo 3(通常版) / B000SYDIZ2
 メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション) / B0009RQKUI

 

 

 

 

 

 

日本のゲーム市場は残念ながら閉塞感がある。ライトゲーム・携帯ゲームにシフトしたと言うが、ながらゲームが主流となった今、既に日本市場はゲーム市場の中心でなくなった寂しさがある。とはいえ据え置き機の灯が消えたわけではないし、日本市場がシュリンクしたわけでは無いと、私は思っている。

もう現次世代機の次のプラットフォームの噂がされているが、現在のプラットフォームの寿命は長いものになると思う。ゲーム機だけではなくHD対応のAV機器が普及するには時間がかかるのが理由だ。日本では2011~2012年が次世代機の最盛期になるのではと予測できる。地上波デジタル放送へのシフトという1大イベントは、TV買い替え需要だけでなく、ゲーム市場を再び据え置き機に呼び戻す切っ掛けになると考える。

TV買い替えによりBD再生の需要も高まる。その頃までにPS3のハードウェア価格は1段階か2段階下がった価格帯になると予測される。PS3が爆発的に売れ、ようやく次世代機のソフトウェアビジネスが確立する。大手各社はその時期を見据えて、次世代機開発の研究を赤字覚悟で行っているのが現状だろう。

その意味で2007~2009は、日本ゲーム市場にとっては耐え忍ぶ時期でもあり、ライトゲーム・携帯ゲームで将来の据え置き機ユーザーを醸成する時期かと捉えている。開発費が抑えられる携帯ゲーム機でビジネススキームを確立しておく事が、リスクヘッジになり、企業体力を補填する事は言うまでもない。その意味で各社がDSに力を入れているのは、単なる流行に乗っているだけではないと思うけれど。

このあたりコンシュマー企業でなく、エロゲメーカーに置き換えるとわかりやすい。大作を3年に1度だすようなビジネスモデルはリスクが高すぎる、開発レーンを複数持ち、大作の開発期間に、軽めの作品を販売する事で当面の開発費を充当するようなスキームを確立する事が健全な経営として必要。その意味で成功している会社がアリスソフトだと思う。アージュも真似してφアージュとミラージュを作ったけれど・・・どうなんだろうね。エロゲメーカーは零細なので非常にシンプルであり、会社経営の勉強にはもってこいなサンプルかと思う、今日この頃。

ともあれ中・高校生の間で、PSP版「モンスターハンターポータブル2nd G」が流行っているようだ。この世代が購買力を持つ頃が、丁度次世代機最盛期にあたる。その意味で日本ゲーム業界の未来は、そう暗くはない。

モンスターハンターポータブル 2nd G / B000WD6YZU
 
 
 
 
 
 
 
 

 

グローバル視点をもって世界市場を意識したソフト開発が必要になると単純に語るも真理ではあるが、敷居が高いと新たな参加者が入りにくくなるのも事実。その点、ダウンロード販売ならばニッチにターゲットを絞り易いと考える。(流通コストも抑えられるからね) とはいえダウンロード販売が何処までの市場になるかが掴みにくい。今後の不確定要素ではある。

ゲーム市場は新たな局面を迎えている。これまで以上のマルチプラットフォーム展開。それはコンシュマー機を越えて、高機能携帯電話機、AV機器を包含した広い市場にどれだけプッシュする事ができるかが鍵になる。収入源もモバゲーのような広告収入形態での成功例もある。メディアミックスでの展開は日本のコンテンツメーカーの得意とするところである。メタバースとのコンテンツ連携がどれだけ成長するかも掴めない。ゲームタイトルの販売本数で語られる程、日本のゲーム市場は単純ではなくなっている。

|

« CHAOS;HEAD 体験版Ver.2公開!! | トップページ | CHAOS;HEAD 体験版Ver.2 感想 »

ゲーム」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

MHについては
ポケモン世代の移行ってのがあるみたいだね。

ということを考えると、固定機には行かないかもしれないね。
ゲームもライトな方向に進むのかなとも思ったり。
MHがヒットしている理由と自分が疎遠になった理由が同じだとしたらね。
いま その記事を書こうとしてるんだけれど、文章化するの面倒やね

投稿: 彩里 | 2008/04/14 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/40856607

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年度北米ゲーム市場の記事を読んだ雑感:

« CHAOS;HEAD 体験版Ver.2公開!! | トップページ | CHAOS;HEAD 体験版Ver.2 感想 »