« 12RIVEN:マイナ登場 | トップページ | 12RIVEN:真琴の立ち絵がカワイイ件について »

2008/03/15

天才とは

論理的思考の放棄から抜粋

「何かを習得するために、最初は ”努力する” ことから入るのが良いのかも知れません。その結果、努力することによって習得することは不可能であるということに気付き、努力するのを止めることになります。このとき、大抵の場合は習得することを諦めるようなのですが、そうではなく、努力しないでその対象物の本質を知る、即ち自分の思考プロセスにおいてその対象物への関数ポインタを獲得して保持するというとても簡単な作業を行えば、習得したことになると思います」

by 登 大遊

言わずとしれたSoftEtherの開発者のお言葉。

こんな事を軽く言えるのが天才なのだと思うけれど。

関数ポインタが指すアドレスのメモリ空間には対象物がキャッシュされていなければならないわけでしょう?

凡人には関数ポインタの切替もままならぬ人も居れば、最初のキャッシュさえできない人も居るわけです。

だからこそ論理的思考を以って、その場で1から構築する必要があり、時間もかかるし、その場仕事だからミスも多いわけです。

知のストックと、使用すべきところで瞬時にアクセスできる能力こそが、天才を構成する能力の1つかと私は思います。

|

« 12RIVEN:マイナ登場 | トップページ | 12RIVEN:真琴の立ち絵がカワイイ件について »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/40507546

この記事へのトラックバック一覧です: 天才とは:

« 12RIVEN:マイナ登場 | トップページ | 12RIVEN:真琴の立ち絵がカワイイ件について »