« うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" プレイ中 | トップページ | うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" ゲームの開始 »

2008/01/01

うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" 第1の犯行

発表前に竜騎士07氏が今回は圧倒的と発言されていた事を思い出しました。

序盤からやりたい放題。

そして第1の犯行は・・・・と、これ以上はネタバレになるので隠しモードで

第1話の第1の犯行の被害者は・・・

蔵臼、留弗夫、霧江、楼座、郷田、紗音の6人

今回の第1の犯行の被害者は・・・

蔵臼、留弗夫、霧江、夏妃、絵羽、秀吉の6人

今回スポットライトが当たっているのは、
第1話、1日目で退場した紗音と楼座。
明確に魔女への対抗を宣言した紗音、
魔女からの手紙を受け取った楼座。

第2の犯行をまたずして、譲治と紗音の死亡フラグはほぼ確定。
最終日まで残り魔女と対決するという名誉に預かるのは
第1話目の夏妃に代わり楼座になるのでしょう。

管理人としては、
うみねこは、ひぐらしのアンチテーゼと理解しています。
ひぐらしのオヤシロ様にあたるファンタジー役を担う駒、
すなわちベアトリーチェ様は、最終的に”い”ないという事で
戦人が勝利するのが最終話と考えています。

しかしながら今回、ベアトリーチェ様はほっつき歩き過ぎです。
ここまでファンタジーで物語を綴られるとは・・・
まさにベアトリーチェ様の手順にふさわしい展開です。

ファンタジー否定の立場からすると、
劇中で戦人が展開したようにベアトリーチェが人間であるか、
もしくは物語自体が虚構であるかになると思われます。

前者ならば、単独犯というよりも、
ベアト様と、奸言に踊らされた共犯者の犯行。
そして共犯者は、毎回異なるといったところと推測しています。

後者ならば、1話目の最後に浜に流れついた真里亞の手記が、
単なる空想物語にすぎず、真実を曲げて伝えており、
今回もそのような虚構の物語にすぎないということ。

と、色々書いたものの全く物語の帰結が見えてこない。

・・・なんだか死亡フラグはJessy・嘉音くんの様な気がしてきた。
あからさまの譲治・紗音を敢えて殺さず、紗音を生かし無視させず屈服させる。
そんな魔女の意地汚さがチラと見えてきたり。

プレイ続行です。

・・・って、続く展開は流石に読めなかった。
物語として破綻しだしていないか・・・これは何?という感じ。
第2の犯行までしばらく静観ですが・・・

|

« うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" プレイ中 | トップページ | うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" ゲームの開始 »

うみねこのなく頃に」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/17549340

この記事へのトラックバック一覧です: うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" 第1の犯行:

« うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" プレイ中 | トップページ | うみねこのなく頃に2 "Turn of the golden witch" ゲームの開始 »