« そーいや目の手術をした事について | トップページ | 散財日記2007/08/11 »

2007/05/10

散財日記復活?

気を抜くとスグにブログ更新をサボる管理人。

そんな管理人が簡単に続けられると思った散財日記も最近さぼりがち。かといって何も買っていない訳もなく、全力で散財しまくっている訳なのですが・・・まぁ、近しい人にはご理解いただけると思いますけど。

ということで最近買った固めな本を少々紹介。

■「フラット化する世界」  著者: トーマス・フリードマン
「世界は平らなんだ」

本書からの抜粋なのだけど、これで話を終わらせると著者に申し訳ない。月に人間が降り立った事を頑なに否定する、一部のトンデモ科学者か、視野が狭く科学的思考を一切持ち得ない盲目的な方と同類と思われしまうからね。

ようはIT技術・通信テクノロジの進歩により、グローバルな機会均等化が進んでいる事について説いているだけの本なのだけど、著者はピュリッツアー賞を3度受賞したジャーナリスト。その豊富な人脈を生かし、今、世界中で実際に起きている大変革を、クール宅急便で届けたかの如く、そのまま目の当たりに紹介してくれる。

学者の頭の中にある机上の空論ではなく、事例から迫るアプローチは真に迫るものがある。日本を含む先進諸国は、現在の地位を維持したいと考えるならば、更に生産性・質の高い上流工程の仕事を要求される時代になったと思い知らされる。明日にでも中国に職を奪われてしまうのではないかという危機感を抱いた程だ。

ITに関わる人間にお勧めする事は勿論なのだけど、情報システムが様々な分野に浸透している高度情報化社会においては、誰もがグローバルな機会均等化の影響を受ける可能性がある。ITの恩恵を享受している全ての人にお勧めします。


|

« そーいや目の手術をした事について | トップページ | 散財日記2007/08/11 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/15017366

この記事へのトラックバック一覧です: 散財日記復活?:

« そーいや目の手術をした事について | トップページ | 散財日記2007/08/11 »