« 竹宮ゆゆこ と ツンドラ | トップページ | ゲーマー、PCディスプレイに悩むの巻 »

2006/05/29

キミキス1周目

エンターブレインから発売された キスをテーマにした恋愛シミュレーションゲーム「キミキス」をプレイしてみた。とりあえず1周目を終えたところ。

ファーストインプレッションとしては、同社の看板タイトルでもある同じく恋愛SLGの「TrueLoveStory」(以下TLS)と殆どプレイ感覚は同じ。言うならば

TLS featuring KISS YOU


TLSと違うところは、仲良しの度合いをステージで表しており、このステージを一段階上げる為に「アタック」を成功させないといけない点。「アタック」を成功させるためには、それぞれのステージでリセットされる仲良しゲージなるものを、都度、充填MAX100%(波動砲はでません)にしなければならない。仲良しゲージが満ちた状態で、しかも人気の居ないところで通常会話シーンにて「アタック」を選択すると、次の未知なる段階へと進む事ができるのだ。

この仲良しゲージを上げる為には、マッチング会話といって彼女等の好むネタを引き当てて、会話を盛り上げる必要がある。これがかなり難しい。神経衰弱のように彼女らが期待するネタを推測できれば良いのだが、ある程度の好みの傾向はあるものの、結構、その場で彼女等の好むネタを引き当てる為には運がいる。

したがって攻略法としてはマッチング会話に頼らない方が良い。イベントがを体験する事で仲良しゲージは上がる。つまりイベントで仲良しゲージをあげ、最後にマッチング会話を行いアタックを成功させるのが効率的だ。

と、結構、TLSよりも戦略を練らねば、彼女等は心を開いてくれないのである。

しかし一度アタックが決まれば・・・それなりのご褒美があることは記しておこう。

つまり

キスまみれ


さて、結局、1周目のプレイの結果は・・・惨敗
ときメモで言うところのヨシオくんENDともいえる、柊くんが励ましてくれるENDである。

むー、キスが足りない。早速2周目プレイ開始と意気込むと・・・
名前入力欄のガイダンス音声が柊の声になってるし

変なところで芸が細かいな

感心しつつ、2周目の恋愛成就を切に願うのである。

キスまみれを



|

« 竹宮ゆゆこ と ツンドラ | トップページ | ゲーマー、PCディスプレイに悩むの巻 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/10286268

この記事へのトラックバック一覧です: キミキス1周目:

« 竹宮ゆゆこ と ツンドラ | トップページ | ゲーマー、PCディスプレイに悩むの巻 »