« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の4件の記事

2006/02/16

スカットパンヤレボリューション

任天堂の次世代機 レボリューション(仮)のローンチタイトルの1つがこっそり発表されていた。その名もなんと「スカっとパンヤ レボリューション」だ。

そもそも「スカっとパンヤ」はPCのオンラインゴルフゲームだ。みんGOLライクな簡易操作系と、ポップでキュートなキャラクタ、そしてオンライン対戦で30人同時大会が可能。皆の球筋がリアルタイムに見える演出は、そこに人が居る事を実感させてくれた。

みんGOLオンラインも素晴しいゲームだったが、パンヤは全てにおいて上をいったと思っている。みんGOLは、みんGOL故に一般ゲーマーに対してのアプローチ路線を崩せなかった。しかしオンラインゲームの愛好家はコアなゲームマニアである。パンヤの心を引きつけるキャッチーな演出は、ゲームマニア向けにチューニングされたものだった。

今回、レボリューション(仮)のローンチタイトルとしての再デビューになる。いよいよコンシュマーでソニーのみんGOLと真正面から勝負といったところだろうか。レボリューション対応として、リモコンコントローラーに応じた操作系に変わる。当然リモコンコントローラーでゴルフの素ぶりをするのだろう。そして、当然ながらオンライン対応は実装してくるはずだ。

ローンチタイトルとしては、これ以上に無いインパクトだと思う。

発売日に買うタイトルが決まりました。後は発売を待つだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

「このライトノベルがすごい!2006」(宝島社刊)の1位に選ばれていた、桜庭一樹氏の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を読了。

どういう投票で1位になったのかわからんけど、1位になるだけあって中々面白かった。砂糖菓子という甘いタイトルからは想像できない展開。紹介文も「青春暗黒ストーリー」とか・・・なんじゃい、それ?

イラストが萌え系で、正直忌避感にかられた。手に取りにくいのですよ・・・。あのロリロリした絵に嫌悪感をかられる。といいつつ僕のイメージは駒都えーじの絵があうかなーと。「イリヤの空、UFOの夏」でいうと、藻屑がイリヤで、なぎさが秋穂。そんなイメージなのです。一般人からみたら、どっちも萌え系だろと一蹴されてしまいそうですが・・・この辺りの機微が理解できるとヲタなわけですな。

劇中のヤバイクイズ、ほぼ同等の答えを導きだした私も、そうとうアチラへの扉が近いかもしれませぬな。即答ではなく答えとしての落としどころを予測しての回答なのが救いですが。

表紙のイラストにだまされずに手を出して読むことをお薦めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

サイレン 映画版

久しぶりに映画見てきました。
といっても1月ぶりですけどね。

見てきたタイトルは、PlayStation2のホラーアドベンチャーゲームとして発売されたサイレンの映画版。ゲーム発売前のCMが、あまりに怖すぎてクレームが続出した話は記憶に新しいですね。近くに続編が発売されるとの事で、メディアコンプレックス効果を狙った戦略なんでしょう。

で、感想は・・・最低


オチを話すのは反則なので公言する事は避けますが、ストーリーテラーとしてのプライドも何も無い片手間で作った作品といった感じですな。1つ1つシーンが繋がりもなく詰め込まれただけという感じ。伏線回収で驚きを喚起させたいのなら、もっと整合性を意識したシナリオを練るべきですね。

ゲームでは細かいディティールが語られているのでしょうが、映画版では説明をはしょり過ぎ。つまりゲームやらないと理解できませんよと言外に訴えているよう。一つのメディアで語れない情報を詰め込むなと言いたい。

商業主義最悪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/07

UMTP L2 合格

書くの忘れていましたが...先々週の話しですが UMLの資格「UMTP L2」に合格しました。UML資格試験はUMTP OCUPと2種類あります。前者がモデリング重視、後者が知識重視という感じですね。前者を勉強した方が、実務に役立つかもしれません。

わたしが受験する際にはまだ参考書等が発売されていませんでしたが、L1-T2試験の参考書を勉強する事でギリギリ合格する事ができました。今現在はL2用の参考書が発売されているはずなので、それを購入した方が良いと思います。

↓でてましたね、これです

私はオージスの研修を受けた事もあり、その際に発売直前のL2用参考書を特別に見せてもらいました。発売前ということで購入することはできなかったんですけどね。テストの難易度と同じぐらいだったと記憶しています。なおオージスの研修では、UMLモデリングしつつ、Facade、Singletonなどデザインパターンも交えて紹介してくれました。演習重視でなかなか面白かったです。

オージスの研修が3日、その3日の間電車内でL1-T2試験の参考書を読むだけで、4日目に試験合格する事ができたので、難易度はさほど高くありません。テスト開始間もない頃はテストツールが使いにくく、そのせいか合格率が低かったそうです。そのあたりが改善された点、そして合格点を下げた事で、相当合格しやすいテストになってます。

ま、資格試験は合格するよりも、合格を目指す際に勉強する点に価値があるのでしょうけどね。

次は

「Oracle DBA10g Master Silver」
「Oracle Application Server Master Silver」

以上の2つの合格を目指し勉強中です。この2、3年停滞していた自分のレベル(というより広さ)をどうにか引き上げる為しばし努力の日々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »