« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の16件の記事

2005/12/27

麺王 集計おかしくない?

麺王中村屋負けたけど・・・

より多くの客を集めた中村屋が事実上の優勝でしょ?

芸能人だからって1人30票っておかしくない?

せいぜい10票にしとけば良かったのにね。
芸能人をありがたるTV局の、一般人との意識の差がモロにでてたね。

ただ一風堂のラーメンも美味しそうだった。
僕が一番食べたかったラーメンも一風堂のものだったし、
一風堂にはエールを送りたい。

そうそう、今回参加したラーメン屋さん
麺屋武蔵、なんつっ亭、一風堂、そして中村屋
全店のラーメンを食べた事があります。
それぞれ、皆、美味しいラーメン屋さんです。

武蔵は今回外しちゃったけど美味しいですよ。
なんつっ亭は、TVで見たとおりのマー油豚骨が売り。
一風堂さんは、ちょと3者より落ちるかなと思うけど、今回のラーメンは良かったね。

しかし・・・僕は中村屋信者です。
中村屋のラーメンを超えるラーメンに出会った事はないです。
月に1回ぐらい中村屋行きます。
季節により麺やスープが微妙に変化します。
毎回、その美味しさに驚きます。
そして今回、一般審査員のNo1になったわけで・・・

やはり中村屋が、現時点で日本のNo1ラーメン屋かなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大勝軒の移転先

本日TVで「麺王」なる番組がやってますが
池袋の「大勝軒」が立ち退き、移転先を探しているという話がでてました。

実は移転先知ってます

神奈川県大和市つきみ野、北大和小学校前です。
オープンは12/28・・・明日。
実は昨日、フライング気味でスープ作成現場に押しかけて
オープン日何時ですか?と聞きに行ったんですよね。

とりあえず、めっちゃ近所なんで明日食べにいってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/18

香港突撃日記 1日目

はろーえぶりわん、私は今、香港にいます。

WTOで農作物の関税が高くなり発展途上国が脅かされています。その抗議デモに加わるために一路香港にとんだわけですね・・・

大嘘です

検索でWTO関連できた皆様すみません、平にご容赦を。

単に年明けまで暇なんで適当に突撃してみただけです。台湾は友達と一緒に行こうと思ってたので、残るアジアの国が香港ぐらいしかなかったんだよね。消去法です。

さて1日目。
安い航空切符なので夕方出発の便です。17日に成田を出発し香港国際空港に着いたのが現地時間の22時5分。(日本時刻23時5分)電車あるのかよ?と、まず思う。事前に調べとけという幻聴は聞こえなかった事にして、探してみるとAirPortExpressなるものが。成田エクスプレスみたいなもんで、空港と九龍地区や香港地区を結ぶ幹線です。終点の香港までは100HKD(香港ドル)、日本円にして1700円程度でしょうか。結構高いですが、早い早い。香港まで40分かからなかったですね。これまた大雑把な時間だなという幻聴は(略)。そこからが大変だった・・・。ホテルはワンチャイにあるのだけど、香港(中環)からの地下鉄が、ワンチャイに止まらず、次の駅トンローワンまで行ってしまった。急行とかあるんかと思いつつ、反対ホームに急ぎ再び地下鉄に乗り込むと、またワンチャイに止まらず次の駅アドミラリティ(金鐘)まで通り過ぎる。唖然としていると隣にいた親父が語りかけてきた。

WTOのデモのせいでワンチャイ駅に地下鉄が止まらないらしい。

旅行会社にだまされた

ワンチャイ駅から5分のアクセスの良いホテルですとかいってたのに。結局アドミラリティからホテルまで歩く事にする。香港は狭いので東京の駅の間隔と同じと考えて良い。冷静に気をとりなおしてワンチャイ方向に進むと・・・。

道が封鎖されてる

後から知ったのだが、海岸沿いの主要道路は封鎖されていたようだ。小道を探しつつ慣れない外国で方向だけを信じてホテルを探す。ホテルにたどり着いたのは1時。

これが海外旅行の醍醐味である


夜インターネットが使いたかったので、その旨従業員に伝えると、Wi-Fiが使えるとのこと。でも有料・・・。しかも120HKD(2000円程度)/1day。

高くない?

もう中華大帝にボラれた気をしつつ接続。高価なだけあって回線帯域は・・・11Mbps(802.11b)。しかも1Mbpsぐらいしか実測出てない。

これが香港クオリティ

まぁ、なんつーか、がんばれオレ。ということで中国圏でやりたかった事をやる。Googleで「チベット」を調べることだ。

・・・普通に検索できるし・・・つまらね

という事で一日目終わりである。この文章は二日目にトンローワンとワンチャイの間にあるネットカフェで書いてある。回線帯域がかなり良く、香港を見直しているところ。日本語入力環境がなかったのでMicrosoftから日本語IMEをダウンロードしたのは内緒だ。

二日目はホテルに戻り、1Dayチケットの続きで書かせてもらうことにする。1日目を更に上回る衝撃が襲うわけだが・・・こうご期待?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/16

フージャース 確認終了

フージャースからメールが来た。

フージャースが手がけた物件の構造設計書の再確認が全て終了したらしい。
素早い対応と、IR報告の徹底がフージャースの魅力でもある。

報告とあわせて記述されていた見解を抜粋すると-----

この度の「構造計算書偽造事件」に関しましては、一部の会社等による違法行為であり、そのために業界全体が疑われていることは誠に遺憾であります。

一方、長期的な視点に立てば、お客様の命を預かる不動産業界全体のチェック体制が強化され、「お客様からの信頼に足りる」企業が選ばれることになり、正しい方向に向かうと思われます。

当社では、従前より万全の管理体制であると自負しておりますが、より一層「命を預けるにふさわしい企業」として、内部管理体制を強化して参ります。

------とのこと

長期投資先と考えているので、そのままホールドでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EPIC

話に聞いてたけど、まぁまぁ面白かった
8分程度なので一度ごらんくだされ > EPIC

2006年を迎えようとする今時分でも、以外とIT技術は浸透していない。否、浸透しているのに関わらず、IT世代以前の人間には認識できていない。おそらく20年先の時代、IT世代が世の実権を握る世界においては実現しうる青写真なのではと思う。

そのころには脳内信号の交換により、人間を大規模ネットワークのグリッドと捉える技術とか広まってそう。んで、IT世代の旧人類はついていけずHN世代(HumanNetwork)の人間から馬鹿にされてるんだよ。

自分が活躍してきた時代の常識・最先端技術に縛られるのは仕方ない事だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

DJラオウ

まんま

http://www1.ocn.ne.jp/%7Eslot777/dj4.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴァルキリープロファイル新作発表

スクエニの隠れた名作「ヴァルキリープロファイル」の新作が来年発売されるそうです。

StarOceanを開発しているトライエース作品で、戦闘システムにバグがあり良く止まる欠陥品でした。しかしながら何度もリセットしつつ最後まで解いてしまったほど面白かったのを覚えています。この前作はPSPに移植され3月2日に発売されるそうです。今度はバグは勿論無いと思いますので、未プレイの方は是非楽しんで見てくださいね。

ということで新作の発売は、時期的にはPSP版の後になります。気が長い話しですが今から楽しみですね。

by スクエニ株主

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RSS対応トイレットペーパー

RSS対応●●というのが最近よく出回っているようだけど、その殆どがPCの実現の範疇にとどまっていたと思う。そんな既成概念を完膚無きまでに破壊した素晴らしい商品が発売されるようだ。

その名も

RSS対応トイレットペーパー

正しくは、無線LAN・RSS対応トイレットペーパープリンタですね。トイレに入って用をたす際、トイレットペーパーを手にとると、そこにWWWから取得したニュースや記事が書かれているわけです。思いがけず面白い記事が印字されていたら読みふけってしまいそうですね。

誰か買ってみてください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/09

ハリウッド映画版エヴァ

エヴァンゲリオンのハリウッド映画版が水面下で動き出したらしい。実写映画の権利云々の話しは聞いていたけれど、実際の制作に動き出したという訳だ。制作費もかなりのものらしい・・・。楽しめる程度には作って欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日経暴落の原因

みずほの誤発注が原因で日経全面安・・・

私が受けた被害は数十万円規模ですんでるからいいけどさ。市場全体としては数兆レベルの被害じゃないの?東証システムダウンとか、発注ミスとか、くだらない事で上昇機運に水を差さないで欲しい。

みずほにお咎め無しだったら怒る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンダと巨像の技術的解説

幻想的な絵。見上げるほど巨大な敵とのダイナミックな戦闘。掴まりアクション。

PS2のアクションアドベンチャーゲーム「ワンダと巨像」が提供してくれた感動は、地道な職人芸により生み出されたもののようです。

面白い記事が「GAME WATCH」で紹介されていましたので一読くださいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/06

アインファーマシーズを買ってみた

調剤・ドラッグストアの大手、アインファーマシーズ(9627)を買ってみました。

株価は2500、前期の一株利益77円。株価収益率を計算すると32倍程度です。しかし2006年4月の予想一株利益は133円。PERは20倍以下ということになります。

2005年4月の指標でROEが10.2%と財務的にはまぁまぁ・・・20%欲しいきもするけど。有利子負債も成長中の企業という事で適当と思います。1株営業CFも年々増加していますし無理なく成長している印象。M&Aも活発に行うようで今期・来期の成長が期待される旬な銘柄かと思います。ただ流動比率が悪いのが気になりますね・・・。

企業概要・戦略の詳細についてはIRマガジンを参照すると良いかと。

株価上昇は今期末にかけてと睨んでいるので、これからが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

建設業界マネーゲーム

強度偽装問題の渦中にあるシノケン日本ERI(株)、両社の株価が本日ストップ高になっていました。

自治体が問題の不動産を買取するという最悪のニュースの影響でしょう。補正予算として80億円を計上するとか。被害者の方に申し訳無い事を言いますが・・・日本という国は社会主義国家なんでしょうか?私は神奈川県在住ですが、血税が人災に払われるという点に疑問を感じます。阪神・淡路大震災の際の被害者の補償はどうなっていましたか?悪徳リフォーム詐欺に遭われた方の補償はどうなっていますか?同じような不幸な状況下で救済を得られる人と、一方で救済を得られないない人が居る。世の不公平を嘆きます。

ビルディングの崩壊に伴う周囲の影響と、裁判の長期化懸念からの判断とは思いますが・・・。なんだか腑に落ちませんね。

両社ともに問題発覚時から半額ほどに株価が暴落していたわけですが、このニュースを受けて反発ということです。被害者のマンション購入者の方々を傍目に、冷徹なマネーゲームが繰り広げられている訳で、なんだか世の無常を感じてしまいます。

さてさて他の不動産関連(不動産流動含む)企業の業績はどうでしょうか。強度偽装問題の影響を受けるのは間違いありません。衣食住の「住」が如何に生活において必需と言えども、需要は減るわけです。保有株でもありますフージャースコーポレーションにおいても、11月度営業実績で、大打撃とは言わないものの影響が出ていました。このような逆風の中、IR等で情報公開し健全性を如何にアピールできるかが重要になってくるんでしょうね。

反対に、不正をはたらく企業が淘汰される事により、優良企業のシェアが増える事も期待できるかなと思っていました。需要が一時的に冷え込むにしろ、5年などの中期的なスパンでは平準化されるわけで・・・株価巻き返しが期待できるかなと思っていたわけです。不動産関連企業の株価に注目しつつ、押し目買いをする絶好のポイントに来ていると期待していたのですが・・・

不正をはたらく企業に罰を与えない行政の姿勢を見ると、期待は空振りに終わるような気もします

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひぐらしのなく頃に コミックス

「ひぐらしのなく頃に」のコミック版3編(鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編)が12月22日に同時発売されるらしい。3冊同時購入で特典がつくとか。阿漕な商売してんなぁ・・・

コミック版もそれなりに面白いのだけど、絵にしてしまうと想像力が狭められてしまうので、恐怖が伝わって来ないのが残念だなと感じています。といいながら買いますけどね。

別件でアニメ版のキャラデザの決定稿があがってますね。等身低いので私は好みじゃありませんでした。原作を良い無視して万人受けする大人っぽいデザインにして欲しかったのですが・・・

残るコンシュマーゲーム版のキャラデザに期待です^_^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/04

2005年度私的ゲームランキング

今年2005年も、自称・他称ゲーマーの名に恥じず沢山のゲームをプレイしました。 (注:ゲーマーはゲームの上手い人という意味でなく、ゲームやりまくる人の意)

ということで今年私がプレイしたゲームをランキングにしてみました。一部2004年度発売がありますが・・・ほぼ2005年度発売に近いものです。気が変わったら大晦日まで随時変更します(^_^;

【PCアドベンチャー部門】
1  ひぐらしのなく頃に解 目明し編
2  シンフォニック=レイン 愛蔵版
-----(↑名作の壁)---------------------
3  つよきす
4  処女はボクに恋してる
5  パルフェ ~ chocolat second brew ~
6  ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編
7  智代アフター ~It's a wonderful Life~
8  Fate/Hollow ataraxia
9  群青の空を越えて
10 Tears to Tiara
-----(↑良作の壁)---------------------
11 あやかしびと
12 最果てのイマ
13 車輪の国、向日葵の少女
14 SWAN SONG
15 らぶデス ~Realtime Lovers~
16 想瞬譜
17 School Days
-----(↑佳作の壁)---------------------
18 AYAKASHI
19 ANGEL TYPE
20 塵骸魔京
21 グリーングリーン3
-----(↓駄作の壁)---------------------
22 鎖

【コンシュマー部門】
1  おいでよどうぶつの森
2  グランディアⅢ
3  大合唱バンドブラザーズ


えー、今年の特出すべき点は・・・コンシュマー離れ激しすぎ。ていうかコンシュマーのゲームに全く魅力を感じなくなっている心境ですから。その中DSソフトの「おいでよどうぶつの森」は発売前から期待し、そして発売後も相当時間プレイしています。その理由はネトゲであること。つまりコミュニケーション部分に魅力を感じているわけですね。今後もネトゲ・スポーツゲーム・AVG以外のコンシュマーゲームは殆ど買わないと思います。

その代わりにPCのAVGは、およそ20本もやってます。殆ど小説を楽しむ感覚でプレイしています。つまり趣向がよりシナリオ重視に近づいているんだと思います。コンシュマーゲームのシナリオは酷いのばかりですからね・・・

AVG部門の1位「ひぐらしのなく頃に 目明し編」は2004年度冬コミ発売です。通販で手に入れると12月30日になるので、プレイは2005年になったということですね。同じように今年の冬コミで「ひぐらしのなく頃に 皆殺し編」が発売されますが、来年のランキングで集計します。 

ランキング順の理由は面倒なので割愛(ぉぃ
突っ込まれれば回答しようかなw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車輪の国、向日葵の少女

あかべぇそふとつぅ発売の「車輪の国、向日葵の少女」クリアしました。

いろいろ損しているなというのが感想。まずタイトルが硬すぎ。「車輪」という単語の影響だとは思うんですけど、間口を自ら狭めていますね。また開発元が発売していた作品が全てクソゲーである点が、購買意欲を削いでいるような気がしないでもない。過去の汚点をブランドとして引き摺っちゃってるね。

損しているといったのは佳作だからです。どれぐらいセールス叩いたか知りませんけど、それなりの知名度のあるブランドから出せば相当売れたと思います。

シナリオは、私の笑いのツボに妙にはまったので好印象。しかしテーマ性を語れるほど饒舌でないし、シナリオ展開に無理があるし、パラレルワールドな設定なのでリアリティは出せるわけが無い。幻想の世界でヒューマンドラマを頑張って作りましたよっ・・・て感じの、大量生産されてるどーでも良い作品かな・・・と4章終了時までは思っていました。

しかし最終章5章で賞賛すべきシーンがありました。散りばめられた伏線が収束するポイントといったら良いかな。他の作品を借りてくるのなら・・・

Ever17のココ編で世界のカラクリが判明する瞬間
シンフォニック=レインでトルタ視点シナリオで物語の裏側が明かされる瞬間

これらに似た衝撃を久々に体感する事ができました。この点だけで佳作の評価をあげていいかなと思っています。・・・ただね・・・褒めるところが・・・


そのシーンだけなんだけどね(笑)


ヒロインが4人居るけどシナリオは一本道。それなのにヒロイン毎のエロシーンを追加する為に仕方なくヒロイン別のルートに分けてる。おかげで後日談をみるためだけに各ルートを殆どスキップ状態でプレイしなければならない。この作業がだるい。シナリオが一本道ならエンディングも一つに纏めたらよかったのに。後付のエロシーンなんて百害あって一利無しという事がよくわかる典型的教材ですね。

音楽は良、OP・ED・挿入曲は片霧烈火さんが歌われてる。私は彼女の声は好みじゃないので、そんなに名曲とは思わなかったけど、巷では人気あるらしいよ?

CGは合格点はあげられる。素晴らしく良いというわけではない。もっとCG枚数が欲しかったという思いはあるけどね。

演出は弱い。といっても比較対象が最近レベル高すぎるからだけどね。一昔のAVGよかナンボかマシよ?

システムは必要十分。唯一の不満点は、章間のセーブはタイトル画面を流用しないで欲しかったという点。タイトルに戻るぐらいだから自動セーブされていると勘違いし、保存せずに終了してしまった。いや私の不注意なんですけど・・・絶対同じミスで泣いた人がいると思う。いるよね?


そうそうエロゲー批評空間で高評価のようですね。私は佳作どまりでしたが、年間1位に挙げられている方もいます。各人の感じた評価ですから何も言いますまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »