« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の6件の記事

2005/11/30

智代アフター ~ It's a Wonderful Life ~ クリア(半分ネタバレ)

Keyの新作「智代アフター ~ It's a Wonderful Life ~」クリア

プレイ時間5時間弱(私、速読なんで通常人は8時間ぐらい?)は、やはり短すぎるかな。前作「CLANNAD」が異常な程に長かったので肩透かし食らった感じ。

キャラデザにフミヲ氏を採用。いたる絵ではないけど違和感はありませんでした。シナリオを楽しむゲームにとって、キャラデザなんてどうでもいいというのが私の考えですけどね。

智代アフターを一言で言えば、「CLANNAD」のヒロインの一人・坂上智代にフォーカスしたファンディスクです。まさにファンディスクで、前作をプレイしていないと面白み皆無のような気がします・・・。主人公と智代がいかに絆を形成していったか。その背景はどのようなものであったか。これらについて簡単にしか触れてくれません。紆余曲折あった道程を端折り過ぎていて、前作未プレイの新参者にはシンパシーを得られないでしょう。

シナリオ構成は、前半部・後半部おおきく分かれます。巷では後半部の急展開について、あまり良い評価を得られていないようです。後半部さえ無かったら高評価なのにというコメントも見られました。問題の後半部の展開がいわゆる「鬱ゲー」的展開と噂で聞いていました。実際プレイしたところ、私にとっては「鬱ゲー」には程遠いものでした。具体的に言うなら「AIR」を鬱ゲーと評価するかどうかと状況が似ているかもしれません。しかし主観は異なるもので、人によっては「鬱ゲー」として評価されたのでしょう。その意味で人を選ぶ展開だったのでしょう。

ちなみに私は、智代アフターは後半部から書かれた物語だと思ってます。前半部はあくまでも後半部を語る上でのオマケみたいなもんです。後半部の展開に説得力を持たせるために、前作CLANNADのシナリオを借り、そして前半部を作り上げたのでしょう。巷の評判とは逆に、後半部なくして作品として完成しえたかが疑問です。

何故ならテーマは「永遠に続く愛はあるのか?」という事です。愛が広がり社会を構築してゆく様を描く事です。2人で完結せずに広がってゆく愛のカタチ。前半部・後半部、一貫して語られるテーマです。2人の内の1人が欠けるだけで潰える愛など永遠ではありません。それでも尚、続いてゆく愛のカタチを描きたかったのが今作品のメインテーマでしょう。OP曲の「Light Colors」・ED曲「Life is like a Melody」の詩を聞いてくださいな。

ひとりになっても歩くんだ 誰もいなくなってそれでも
震えを忘れないこの命は 希望を刻んで進むんだ
口ずさむのは僕らのうた みんなで描いた青い空
もう合わすことができない足でも 歩けば未来を目指すんだ

それでは何故評価が悪いかという点は、
  ・情報量が少ない → 脳内補完すべき事が多い
  ・脳内補完すべき事が難しい
  ・宗教くさい (道徳くさい)
以上の点によるものじゃないかと。

今作品では後半部の急展開の原因を、過去の事象として語るだけに留め、劇的に語る事はしていません。その淡々とした展開は、見せるドラマ的展開とは程遠いものなのです。誰だって不幸に至る過程にそれなりの原因を求めて納得したがるものでしょう。しかし何の前触れもなく、容赦なく、抗う事もできず、心を打ちつけるのが絶望です。

不条理な不幸を直接または間接的に実体験した人にとっては、後半の急展開もすんなり受け入れられると思います。反対に経験が無い人、想像もしたことも無い人には納得いくものでは無いと思います。商業目的の作品としては失格なのかなと思っています。マスに対して訴えかけないとねぇ・・・。同人作品っぽく作者のエゴがそのまま出すぎ。その意味でも人を選ぶ作品です。

私はこの作品に相性が良かったようです。

2人の愛が育ち、2人だけのものではなく広がる。ひいては残された1人に生きる勇気を与える事になる。そして愛はまた広がってゆく。智代アフターの結末は、この上ないハッピーエンドと思いました。絵に描いたような幸せの形です。

実際にはもっと泥臭い感情が渦巻く訳で・・・。2人の愛が信じられず、愛は閉塞し孤立する。残された1人は絶望の内に命を絶つなんてザラにある事でしょ。愛に支えられて強く生きる事ができる人間は幸せです

貴方の置かれている状況は果たして絶望ですか?
人生の道程を振り返ってみてください…
貴方が愛した人との宝物はありませんか?
それを未来に繋げてゆく事はできませんか?
同じ境遇におかれている人の手をとって、
共に絶望に抗ってみませんか?

ほら、Key作品って宗教だ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レントラック好調だけど売却

レントラックジャパン(2314)を前場で売却しました。

1016円で購入していたので、300円上昇を区切りに考えて1320円で売りをずっといれていたわけです。丁度前場の高値が1322円に達していたようで売れていましたとさ。

レントラック単体での魅力は高く、成長性を考えると株価は倍になるのではと夢みていたわけです。CCCは年初から株価が4.5倍になっているだけあって、これまた成長中の銘柄です。レントラックがCCCに統合という事になりましたが、そのまま保持し続ける選択肢もあったわけです。端株売却による一時的な下げを懸念していましたが、ここ最近のCCC株価上昇に牽引されてのレントラック暴騰の際に、大半は処理されたものと思っていますし、影響は相殺されたでしょう。

でも売った理由は買付余力が無いから。他銘柄に惹かれていて買いタイミングを伺っています。そのための資金が今必要でした。外貨預金か国内定期預金を崩せば資金調達できたんですが・・・最後の牙城崩すと、資産運用もぐでんぐでんですしね・・・

レントラックジャパンは、年初の900→1000、そして今回1000→1300と2回儲けさせていただきました。とりあえず感謝の念で、これからのCCCグループの発展を見守らせていただきます。

ワタミも私が売ってから暴騰したし・・・CCCグループも一層値上がりするかもねー(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

日経株価続騰

ヨーロッパから300億円レベルで投資されてるそうですよ・・・日経続騰で皆の懐が暖まると良いですね。

レントラックジャパン(2314)CCC(4756)に牽引されるかたちで本日も続騰し、前日比+99円で一気に1200円の壁を破りました。鞘寄せするかと思いきや、統合先が暴騰してるのでいつまでたっても適正価格にならない・・・嬉しい限りです。

CCCが何で暴騰してるかと思うと、ネット書籍販売参入のニュースが影響してるみたい。聞きかじったところツタヤオンラインの登録人数は800万人とか・・・期待できそうなビジネスではあるね。

CCC本日終値が4220円・・・0.3をかけるとレント適性価格は1266円。レント終値が1218円ですから、来週以降の延びしろがまだあります。週明けの動向が気になるところですね。

他、ポートフォリオ

スクエニが上方修正維持で3400円台復帰。4000円台に届いても良い銘柄と思っているのですが・・・なかなか相場の波に乗り切れないですね。下期はタイトーと連結になりますので、本当に2006年通期で経常利益増するのか微妙なところもあるからなぁ。しかし主力ゲームソフトのドラクエの影響を受けて、今年は減益必至と思いきや通期で増益にあわせてくる手腕は流石。スクエニはゲームソフトの販売のブレに対応するために、コンテンツの幅を広げているわけだし、その効果と思って良いかと思ってる。

フージャースくんは調整中なのですが、はやくも2日連騰・・・強いですね。もう少し上下すると思いますけど長期投資株なのでどっしり構えて監視が吉と思ってます。

日本インターは下方修正を受け一時下げるも復調。上げ相場に押された感じがしますね・・・助かったというかなんというか。業績改善されれば一気にくる銘柄と思っているんですが・・・なかなかどうして。

日本駐車場開発は他が暴騰する中で微下げ。来年以降の吹き上げ期待なんで生ぬるく見守ってます。そういえば取締役からの株式譲渡で株券が送られてきました。株券初めて生で見ましたよ・・・IT世代では無用の長物だなぁと感じつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

レントラックジャパン好調

本日もレントラックジャパン(2314)が好調で前日比+33で1,100円を一気に突き破り1,119まで株価が上昇しました。

レントラックのここ最近の急激な株価上昇の原因は、言うまでもなく親会社CCC(カルチュアコンビニエンスクラブ)のグループ再編が起因となっています。CCCという名の知名度は低いかもしれませんが、レンタルビデオ屋のTSUTAYAと言えばおわかりいただけるかと。CCCがレントラックジャパンを完全子会社化する事になったのです。

ここで株の割り当て比率は、レントラック株1株に対して、CCC株0.3株を割り当てることになります。裏返すと現時点でのCCC株価を0.3倍した株価が、レントラックの適正株価となります。CCCの業績も上々で、アーバンコーポレーションと店舗開発業務提携に合意するなどの材料もあり、本日の終値は年初来高値の4,020円まで上昇しました。先ほどの計算通りに試算するとレント株の適正価格は1.206円(4,020 * 0.3)になります。つまりCCCの株価に牽引されるかたちで、まだまだ上昇する余地があるという事です。

株式交換期日は3月1日ということ。不勉強でレント株の取り扱い期日が2月末日かどうかは確認していません。取り扱い期日前には必ず売りが入ってくる事と思いますので、タイミングを見計らい売り抜けするのが賢明なのでしょう。CCCの業績も上々なので保持し続けるという選択もありかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/08

ANGEL TYPE

minoriの「ANGEL TYPE」をてきとーにプレイしてて思った事

音楽・キャラデザ・CG・背景・ムービーが高いレベルでまとまってる。しかしシナリオは繋がりに不自然さを感じ、リアリティに欠ける。嘘臭さ、作り物の話というイメージが拭えなかった。あと短すぎ、もうちょっと掘り下げていこうよ。

けなしておいてなんだが最悪ではない。会話文はセンス良いしと思うし、全体的な雰囲気が心地よいのが長所だろう。トータルとしてはプレイして良かったと思えるところが良かったかと。
ただ問題点が一つある。全くもって感動も盛り上がりも何もないシナリオである。鬱病患者がちょっとシンパシー抱いた女の子と良く判らんうちにネンゴロになって、SEXして、社会復帰するというだけの話だ。今日日この程度の話じゃ心を動かす事はできんよ。あー、結局けなしちまったか。

申し訳ないので良い点をピックアップ。

川原砂緒というキャラのCVいいなぁと思い調べてみると「手塚まき」という人らしい。もうちょっと調べてみると「生天目仁美」と同一人物容疑らしい。彼女が手がけた役を更に調べてみると・・・
  マリア様がみてる(鳥居江利子)
  極上生徒会(神宮司奏)
  To Heart2(十波由真)
気に入るのも納得である。全てのキャラで気に入った声だった。奏会長の濡れ声と思いながら聴きなおして来よう(爆)

他、柚月未憂役は「鈴田美夜子」。演技はまだまだだけど声質がかなり良い。そのうち表世界の方に抜擢されるんでないかな?(知らないだけで抜擢されてたりするかもしれんのが怖いが)

勝手にリンクの配役表。リンク先の人どうもー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/05

2011RWC日本招致カウントダウンマッチ観戦

東京、外苑の秩父宮競技場でラグビーの日本代表戦を見てきました。

カードは日本vsスペイン。世界ランクでいうと日本が15位そこら、スペインが30位台だそうです。実力的にはそこらのランクは団子状態っぽいですが、一応格下ということですね。

試合開始の14:00にあわせ銀座線・外苑前駅に到着。一路秩父宮を目指すと歩行者がやけに多い。原因の一つはJリーグのナビスコカップ決勝リーグを国立競技場で13時から開始していた事。そして、もう一つの大きな原因が「Japan Fashion Week in Tokyo」が近くで開催されていたことでしょう。ラグビー日本代表戦が集めた人数はというと・・・公式発表で11,465人だそうです。それなりに原因の一つにはなっていたようです。

先日トップリーグを観戦したばかりなのですが、その際の観客人数と比較すると、いやはやラグビーファンも捨てたもんじゃないなと感心しました。(トップリーグの観戦者数を調べてみると面白いかもねー)

試合前、森元首相が来られて日本へW杯を招致する活動の経過と展望についてお話されました。森さんって色々な活動してますよね・・・浅慮なイメージが先行していますけれど・・・って実際浅慮だけど、私は少なからず評価していたりします。

さて試合内容はというと・・・結果は44対29で日本の勝利詳細は日本ラグビーフットボール協会のページを参照してください。ドロップでの得点が2回あったり、ディフェンスの股下をボールを蹴って抜いたりと、スペインはサッカーの強豪国だけあって足技に長けていた印象です。日本はモールでの押し込みという地味な得点が多かったですが、試合終了前に見事なランでのトライが見られてルールを知らない私でも楽しむ事ができました。

試合中、FMラジオ88.5MHzで実況を聞いておりました。トップリーグでも試合会場で同周波数にあわせると実況を聞く事ができます。ラグビーのルールは複雑に思えます。しかし試合会場のアナウンスは細かい反則については解説してくれません。オフサイド一つとっても原因は細かくわかれるようです。またアドバンテージのとり方がサッカーと異なります。このような細かな点を詳しくリアルタイムの実況をしてくれるのでFMラジオを聞きながらの観戦がオススメです。というか必須です。

また別の意味でもオススメでした。試合終了後、FMラジオを聴いていた観戦者にプレゼントがでるとの事。当選者は解説者の誕生日10/21に近い人2名という事でした。管理人きょこの誕生日は10/27です。6日違いということで無理だろうなと思っていたのですが・・・

どうやらFMラジオ聞いていた人間が少なかったらしい

2番目に近い誕生日ということでプレゼントもらっちゃいました

051105_22180001


日本代表メンバー全員?のサイン入りラグビーボールです


催し物でのプレゼントゲット率がもの凄く高い今日この頃


熱狂的ファンじゃない私が貰ってしまい恐縮ですが、大事に飾らせていただく事にいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »