« 2011RWC日本招致カウントダウンマッチ観戦 | トップページ | レントラックジャパン好調 »

2005/11/08

ANGEL TYPE

minoriの「ANGEL TYPE」をてきとーにプレイしてて思った事

音楽・キャラデザ・CG・背景・ムービーが高いレベルでまとまってる。しかしシナリオは繋がりに不自然さを感じ、リアリティに欠ける。嘘臭さ、作り物の話というイメージが拭えなかった。あと短すぎ、もうちょっと掘り下げていこうよ。

けなしておいてなんだが最悪ではない。会話文はセンス良いしと思うし、全体的な雰囲気が心地よいのが長所だろう。トータルとしてはプレイして良かったと思えるところが良かったかと。
ただ問題点が一つある。全くもって感動も盛り上がりも何もないシナリオである。鬱病患者がちょっとシンパシー抱いた女の子と良く判らんうちにネンゴロになって、SEXして、社会復帰するというだけの話だ。今日日この程度の話じゃ心を動かす事はできんよ。あー、結局けなしちまったか。

申し訳ないので良い点をピックアップ。

川原砂緒というキャラのCVいいなぁと思い調べてみると「手塚まき」という人らしい。もうちょっと調べてみると「生天目仁美」と同一人物容疑らしい。彼女が手がけた役を更に調べてみると・・・
  マリア様がみてる(鳥居江利子)
  極上生徒会(神宮司奏)
  To Heart2(十波由真)
気に入るのも納得である。全てのキャラで気に入った声だった。奏会長の濡れ声と思いながら聴きなおして来よう(爆)

他、柚月未憂役は「鈴田美夜子」。演技はまだまだだけど声質がかなり良い。そのうち表世界の方に抜擢されるんでないかな?(知らないだけで抜擢されてたりするかもしれんのが怖いが)

勝手にリンクの配役表。リンク先の人どうもー

|

« 2011RWC日本招致カウントダウンマッチ観戦 | トップページ | レントラックジャパン好調 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/6961753

この記事へのトラックバック一覧です: ANGEL TYPE:

« 2011RWC日本招致カウントダウンマッチ観戦 | トップページ | レントラックジャパン好調 »