« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月の18件の記事

2005/08/29

ひぐらしのなく頃に C68関連

夏コミ(C68)発表の「ひぐらしのなく頃に 罪滅し編」、ほぼ発売日にクリアしてました。感想をすぐ書かなかったのは色々葛藤があったわけで・・・

発売前、作者竜騎士07氏は今までとは少々異なる雰囲気になると公言していらっしゃいましたが、その意味が十分に理解できました。今までの流れが好きだったファンにとっては賛否両論あるでしょう。

私も初回プレイ時には少々幻滅してしまいました。私が期待していた展開から大きく外れてしまったことによる苛立ちもあったのでしょう。無限の道筋が一つの帰結に収束してゆく様。その過程が美しくないと難癖をつけたところで時期尚早というものです。残る2話が公開され、物語の裏側が全て曝された後、罪滅し編の意味を振り返って評価してみたいと思っています。

話し変わって、C68では、ひぐらし関連の二次制作も盛り上がったようです。その中で私が気に入ったのは祟殺し編のイメージムービー(MAD)「なかない君と嘆きの世界 宴」です。今回で3作品目ということで、鬼隠し編、目明編をイメージした作品が別途あります。制作の為、雛見沢へ撮影旅行にいったようです。そのおかげかゲーム本編以上に雛見沢を感じる事ができるのも楽しみの一つです。ちなみに雛見沢のモデルは白川郷。この作品で興味を持った方々が聖地巡礼しているようですね。おねがいシリーズの聖地巡礼と同じようなもんか・・・
サンプルムービーも公開しているので気に入ったら購入してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴン桜

阿部寛主演の「ドラゴン桜」を1-8話までぶっ通しで観てみました。なんだかハチクロと連続してぶっつづけで観てたら頭いたくなってきました。

要約すると、偏差値30台の馬鹿高校生を1年間で東大に現役合格させて有名になったあかつきには本業で一旗あげられるんじゃないかと腹黒く思っている喰えない弁護士の話・・・・・・・要約されてねー

東大合格の為の勉強方法だけでなく、実際に役立ちそうな科学的勉強法などが紹介されています。暗記物は夜に行い睡眠をとることで長期記憶として定着させるなどの勉強法は、資格勉強や英単語の記憶などで使えると思うので私も実践していこうかなと思ったり。

ドラマ部分の方は、あまっちょろくて幻想家な生徒・教師が大量に登場するところが食傷気味。しかも勉強の合間のイベントが多すぎるよな・・・勉強しろよとつっこみ。生徒役の演技力はそれなり。ガキでで客観性の無い学生を上手く演じられているのではないかな。

漫画版を私に紹介してくれた友達は、ヒロインが他校の東大理三受験志望者に淡い恋心を抱くあたりから、つまらなくなってきたと言ってました。無理に人間ドラマしなくていいんでないかなと私も思ったり。ドラマでは、この茶番劇部分が幾分多いのが問題か。

とりあえず、なんの頭も働かせずに観る事ができるドラマなのがいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチミツとクローバー アニメ版

遅れながらハチクロのアニメ版を一気に1~10話まで観てみました。

巷の評判が良かったので期待していたのだけど、期待以上の出来でした。

まず作画がかなり良い。ぼやけたやさしい光が秀逸。原作が繊細なタッチの絵柄なので、その雰囲気をアニメーションで表現するのは難しいかと思っていました。しかし見事に再現できていると思います。

次に脚本が素晴らしい。リヴァイアス・スクライド・おねがいシリーズ・極上生徒会と高評価な作品をたくさん世に送り出している人気脚本家の黒田洋介さんが、今作の脚本を手がけています。流石といったところでしょうか、見せ場ではたっぷり時間を使いながら、それでいてテンポが良いというメリハリの効いた脚本になっています。

そして山田が素晴らしい。動く山田の一挙止一挙動を見逃さずに堪能しよう。

原作ファン納得の出来といえるでしょう。ハチクロ原作を布教しているのですが、アニメ版での布教でも問題ないかなと思っています。ぽえみー空間は、漫画版・アニメ版、共通に発生しているようなので・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/27

研修きびしい・・・

PMP受験日の翌日から、
2週間程、研修にて提案書作成の勉強に勤しむ予定です。

ケーススタディとして、本番さながらに提案書を作成し、
社内の先輩にご足労いただきロールプレイしていただきます。
その際、一切の妥協もなく、
お客様にも劣らぬ真剣さで苛め抜かれるとのことです・・・

この愛?ある苛めに耐え抜き、
契約書にサインをいただいた人から実務に入れるようです。
つまり合格するまで、何度も違うケーススタディをこなさなければなりません。
それまでは先輩・同僚方に、おんぶに抱っこで食わせてもらっているわけで、
なんとも歯がゆいものです。

私より前に入社した方にお聞きしたところ、
とにかく資料作成とプレゼン練習に時間が足りないとの事です。
そこで、会社近くのウィークリーマンションの予約をいれておきました。
合宿状態で、同期全員で切り抜ける予定です。

研修に耐えられない人間が、
本当のお客様の前で提案活動なんてできないのは自明の理。
さっさと一発合格したいと考えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/26

PMP受験日記2

PMP試験が9/4に迫ってまいりました。

参考書などをパラパラとみつつ、PMBOKを確認し、
合間にカブトムシ問題集などをこなしています。

何度か模擬テストを受けていますが、正答率75-80%の間のようです。
本番の日本語訳がひどい事を鑑みると、
正答率85%以上に達する必要があると直感で感じています。
んー、前回からあまり成長してません^^;

あと一週間しかありませんので、
ここから弱点でもあるリスク関連を重点的に強化しつつ、
問題を多くこなすことでPMIイズムの習得を目指します。

同じぐらいの成績の方が本番試験を受けてギリギリ合格でした。
同じく、私も合格ボーダーの戦いになるでしょう。
最後に積み上げた1点の勝負になるかと思います。
細かく拾っていけるよう知識範囲を広くしてゆくつもりです。

とりあえずPMP合格して、次に頭を切り替えたいです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/25

萌えを語るにゃ百年早い

某週刊誌の中吊り広告に『萌えよりツンデレ』とか大きく書かれていた。

あほか。


萌え=ツンデレ なんだよ!!


以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチミツとクローバー8

ハチクロの8巻を遅れながら購入

山田と真山でいっぱい。
萌え死ぬかと。

漫画の女性キャラはごまんといるが、
山田が萌えキャラとして最強かと思う。
純粋培養系という絶滅種というところが保護欲をそそるんだろか。

ハチクロの男性キャラは皆いいね。
少女コミックの中で、最もバランスがとれているというか。
普通に格好よい。
中でも、やっぱり真山はイカす。
そのストーカーぶりも、真山なら許す。

野宮さんも大人とかいいながら東京-鳥取往復かよ。
てか、大人でも勢いで好きな相手捕まえにいくって有りだよね。

8巻は山田・真山ファンにはたまらんので、
ファンでなくても買って読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

選挙戦序盤を傍観しつつ

総選挙も近づいてまいりましたね・・・
私は選挙権得てから常に自民党候補のみに投票してまいりました。
今回も郵政民営化賛成ということで自民党候補を推すワケですが・・・・
対サラリーマン増税については如何なものかと。
消費税増税の方で財源は確保していただきたいと思ってる。
丁度よい政策の政党は無いようで・・・

で、色々と選挙戦が繰り広げられている中、
Blogなどを参考に情報を収集しているところです。
やはり、国民の感覚から最もズレている国民新党や、
目立ちたがりだけの新党日本などに対しては冷ややかな目が多いようです。

社民・共産については、私としては検討外ですので深く語りません。

民主党も政権を委ねるには政策が甘すぎるし、
最近、売国なにおいがプンプンして信用できない。

公明党については言わずもがな。
どんなに良い政策を出そうとも、宗教を母体とした政党を支持することはできない。

願わくば自民党による単独過半数越えが実現できれば良いと思う。

以下のサイトは主張・分析は、
私と、かなり似通っているにで、参考までに観て頂きたい。

http://www.wafu.ne.jp/~gori/mt/

今回の選挙は今後の日本を占う非常に重要なものになるのは間違いない。
最後まで良く熟慮して投票したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/15

CCNA受験日記4 合格

本日、CCNAを受験してまいりました。

昨日、合格ボーダーといってましたけど、蓋をあければどうでしょう。

 972点(96%) 合格

終わってみて言えることですが、意外と簡単でした。

実質1ヶ月の勉強期間でしたが、勉強量としては、
通常3ヶ月程度で行うぐらいの量はこなしました。

教科書として有名どころの、
徹底攻略黒本教科書と、認定ガイド4版を用いました。
他にWebのネットワーク勉強サイトも参考にしました。
Flashを多用した説明がわかりやすく、かつ博士と生徒の掛け合い漫才が面白く、楽しく勉強ができると思います。オススメ。

問題集としては、黒本問題集・クラムメディア問題集・暇つぶし問題(有料版)、あわせて3000問程ときました。ソースが異なるので様々な問題に触れることができ、結果的にあやふやな知識が有機的につながり、本当の意味での知識に昇華させる事ができたと思います。

クラムメディアCCNA問題集

シミュレーションはCCNAフリークさんでリモートラボを借りました(有料)。ラボで実際のルータを操作することで、コマンドも覚えることができ一石二鳥でした。というより、シミュレーション問題は、実機ないし実機エミュレータで練習しないと解けません。

短期間ながら上記の勉強量をこなした結果、堅実に高得点の合格に繋がったのかと思っています。

1ヶ月半でIT試験を二つ受けて感じたのですが・・・本当に下位のIT試験は簡単です。こんなので資格を語って良いのかと思うほど簡単です。大学時代、司法試験の勉強をしていましたが、朝7時~夜12時、食事時間以外は勉強していたという覚えがあります。それに比べれば、今回の勉強量なぞ大したことありません。

受験前、CCNAの受験記を読み漁っていましたが、難関と言う人、簡単と言う人、対極の意見が多かったように思えます。IT産業という裾野の広い分野では、技術習得における意欲の差は、個々人で大きいのだろうと感じました。少なからずの努力をした人ならば、この程度の試験は容易かと思います。この程度の試験勉強を苦に思う人が、ITのプロジェクトを担う事ができるとは思えません。

結局、資格試験なぞ、実務に直接反映されるわけではなく、知識は日に日に薄れてゆくものかもしれません。
本来のIT資格試験の意義は、日常業務・日々の勉強で身に着けた知識が、業界標準に照らし、方向性が間違えていないかを確認する事なのかもしれません。

そんな根も葉もない事を考えるに至ってしまいました。

どうやら次からはIT資格試験合格につき一時金がでるとのことです・・・9月4日のPMP試験の勉強と同時に、UMLでも受けちゃおうかと思ってます。

来年の6月までに、SunのJavaの一番簡単なやつ(SJC-P )と、OMGのUMLの基礎、XMLマスターのプロフェッショナル、他Unix系資格を取得予定です。

今持っているあやふやな知識を整理し、次の技術レベルのステージに挑戦する前段階といったところです。前の会社でノンビリしすぎたので、今年からは生涯IT産業で食っていけるよう、プロフェッショナルなITスキルを得られるよう努力していく所存です。

さてはて。どうなることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SWAN SONG 感想紹介

ErogameScapeの「SWAN SONG」の批評で良いものがあったので紹介。

http://erogamescape.dyndns.org/~ap2/ero/toukei_kaiseki/memo.php?game=5924&uid=Yam

ネタバレなんで気をつけて

【関連記事:Thank Thee!: SWAN SONG 廉価版 2008年7月31日発売予定!
http://kyokot.air-nifty.com/thank_thee/2008/06/swan_song_20087_18c6.html

【関連記事:Thank Thee!: SWAN SONG レビュー
http://kyokot.air-nifty.com/thank_thee/2005/08/swan_song__2d37.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/14

CCNA受験日記3 受験日前夜

CCNA受験を明日に控えた受験日前夜です。

手ごたえとしては合格ボーダーというところでしょうか・・・
WAN関連・コマンド関連に弱いです。IPルーティング、ACL、サブネットでどれだけ稼げるかが勝負になりそう。

シミュレーションはCCNAフリークさんのリモートラボでみっちり練習したので不安はありません。RIP、IGRP、EIGRP、OSPFの簡易な設定はマスター済みです。

明日7時から記憶ものの詰め込み、苦手箇所の再確認をします。
15時過ぎに会社を出ますので、それまで最善を尽くします・・・

自信は、はっきりいってありません。
運よければ合格の報告ができるでしょう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/10

グランディアⅢ 14時間経過

グランディアⅢのプレイ時間が14時間を超えました。

思えばENDを迎える事ができたRPGは「ドラゴンクエスト7」が最後だったりします。それから数多のRPGをプレイするも途中で飽きてしまいました。

グランディアⅢは久々に最後までプレイできそうな予感がしてきました。とにかく戦闘が面白すぎる。相手の攻撃をキャンセルしつつ、時にはカウンターをあててからの空中コンボ、コンボ中にクリティカルを重ねての空中コンボなどを狙う。この戦略的で、かつ複雑でないシステムバランスが得も言えない爽快感を演出しています。

私は主人公ユウキだけをマニュアル操作させ、他キャラクタはAIに任せています。主人公しか操作できない代わりに、全キャラの攻撃方法を選択する必要がなく爽快なプレイが楽しめます。AIの使用をキャラ毎に振り分けられるシステムは初代からの特徴だと思います。全キャラを操作し戦略を極めるプレイヤー、全キャラをAIにしてストーリーラインだけを楽しむプレイヤー、様々なプレイヤーを受け入れる懐の深いシステムだと思います。

またSAS(戦略支援システム)が追加されました。仲間から戦略の提示がリアルタイムされることになります。主人公だけを操作する私のプレイスタイルですと、戦闘がスピーディーに進むので、他キャラを把握しきれない事があります。その際的確なアドバイスが提示されるとかなり有用になります。アドバイスが間違える事もあるのが愛嬌ですけどね。

今期一番のRPGかもしれません。とりあえずハマって楽しみます^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニイウス 決算好調

ニイウス(2731)の決算が良いです。

売上げ高こそ前年比殆ど変わらずですけれど、経常利益が46%上昇です。IBMサーバ機器の卸売り事業から、ASP(Application Service Provider)への変身を目指した結果の表れでしょう。

前期に100億円程度の借り入れを行っています。大きくコールセンター事業、医療システム事業、JAVA開発事業の3点に投資されているようです。

将来に予期される関東・東海地方を襲う大地震に対応すべく、沖縄というロケーションでのコールセンター事業立ち上げは先見性があるのではと考えます。これも広帯域のネットワークと、分散化システムの技術向上が生み出したソリューションと言えるでしょう。

医療システム事業は、ASP事業の2本の柱の1つでしょう。金融事業と並ぶビジネスの柱として成長すれば、ますます成長に加速がつくことと思います。医療システム開発会社を買収して得たアプリケーションを元に、Webベースアプリケーションを新たに開発しているそうで、シンクライアントの実現を図っているようです。いよいよ本腰を入れて拡販してゆく地盤が固まったということでしょう。来期以降の売上げ増大が見込まれます。

JAVA開発はAIX(IBMのUnixベースOS)の開発基盤だけでなく、プラットフォームを選ばない点でWindowsベースのクライアントPCでのアプリケーション開発に役立つでしょう。SIerであり、かつ高度な開発技術を持つ部隊も備えている点は好印象です。

13万台前半に株価をおとしていましたが、決算発表前なのに株価が14万台近くに復帰していましたね・・・
決算内容は、何故か漏れるのが世の常といったことでしょうか。
明日以降の堅実な上昇を期待します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/08/07

グランディアⅢ ファーストインプレッション

グランディアⅢ』をプレイしてみました。

前作『グランディア エクスストリーム』では、戦闘システムの強化が図られましたが、RPGのもう一つの軸ともいえるストーリーが酷いものでした。グランディアシリーズをプレイし続ける起因となったのは『グランディアⅠ』の強烈な印象にあります。当時セガサターンで発売された初代作品は、細部にわたる世界設定が新鮮でした。3Dで作られた世界は直接触れられるかのように様々なギミックが実装され、プレイヤーを楽しませてくれました。何処までも遠く冒険を続けてゆくという少年の頃の夢。新しい世界で出会う初めての恋。新しい仲間との出会いと離別。少年から青年への成長物語としても秀逸でした。

グランディアⅢでは、前作エクスストリームの戦闘システムを継承し、更に磨きをかけてきたようです。軽妙なテンポと緻密な戦略、そして得られる爽快感。戦闘システムはRPGの中でも最高峰といえるでしょう。

グランディア再生の核ともいえる肝心のストーリーは、初代グランディアに共通するものがあるようです。片田舎で飛行機を作りつつ失敗を続ける少年達が、遂に大陸の都市を目指す時が来ます。母親との別れ、新たに出会う仲間達。まだ観ぬ世界への期待。少年が少女と出会い成長してゆくという王道ストーリーライン。

これぞグランディアです。

まだプレイして5時間程度ですが、楽しめてプレイできています。最後まで飽きずに楽しませてくれればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ときメモONLINE β1テスト募集

ときメモONLINE β1テストの募集が8月12日に開始するそうです。
β1テスト開始日は募集開始日に公示するとか。

ネタゲームなので一度はやってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/04

フージャース撃沈?

47万から39万まで・・・よく落ちるもんだ。
はい、私の資産-30万円でございます。

13週は切ってないので、ここから反転してくれんと困る。
業績報告は順調なんだから今期末には復調するとは思うけど
正直47万まで戻るかどうかわからんですね・・・

分割とかサプライズあったらいいんだけどねぇ
ストックオプションも権利だけで実行するわけでなし、
希釈せんと思うのだけど・・・
どうも、会社側はこの際悪い所は全部だしちゃいたいのかな。

私は、あぼーん状態ですが、
今から参入すると結構いいかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCNA受験日記2 ひととおり終わり

CCNA受験日 8月15日まであと11日・・・うぁー、時間が足りない

今日、試験範囲を一通り終わらせました。
といっても黒本教科書認定ガイドを一通り読んだだけですが。

明日から週末にかけて、黒本問題集CCNA問題集を一気に解く予定です。

その後CCNAフリークさんの暇潰し問題有料版とリモートラボで追い込みに入り・・・

試験2日前からクラムメディアさんの問題集で最後の仕上げをします。

900点以上を目標に一発合格を目指します・・・。
と、大きな事言っちゃったけど・・・合格の自信なしだったりします^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/02

SWAN SONG レビュー

Le.Chocolat meets FlyingShine 発表の18禁ADV『SWAN SONG』完全クリアしました。

SS03


制作メインメンバーはSMLで『CARNIVAL』を作成した面々で、原画はアニメ調の塗りが魅力の川原誠氏、シナリオは人間の暗部に迫る意欲的な作品を作り続ける瀬戸口廉也氏。前作『CARNIVAL』は発売後、口コミで佳作として広まった隠れた名作といえます。可愛い絵柄と裏腹に、重いテーマを扱った作品でした。今作品も前作同様に18禁でしか表現しえない重いテーマを扱った作品と言えるでしょう。

簡単なあらすじはというと・・・

雪振るクリスマスの夜、山間の地方都市を文明を全て破壊するかのような超巨大地震が襲います。かろうじて生き残った生存者たちは、被災地で生き残る道を探す事になります。集団生活をするもの。神にすがるもの。簒奪するもの。極限状態の中で人間の内にある欲望や怠惰や恐れが顔を出し、平常時の常識やルールを狂気のうちに塗り替えてゆくことになります。

ノーベル賞作家のゴールディングの処女作『蝿の王』を私は連想しました。つまり極限状態の中に生まれる儚い新秩序とその崩壊。社会秩序が如何に容易に覆るかを風刺した作品です。まさに「SWAN SONG」も同じテーマを扱っているといえると思います。

SS04


さてタイトルの「SWAN SONG」の意味はというと・・・単純に訳すと「白鳥の歌」。白鳥の声はその容姿に見合わず醜いものです。しかし白鳥が死ぬ間際に放つ声は美しく歌のように聞こえるという言い伝えがあるそうです。その意味が転じて「SWAN SONG」とは死に際の一言、つまり『辞世の句』を意味しています。(英和辞典で調べてみましょう)

極限状態の中、死に直面した人が心のうちから叫ぶ「SWAN SONG」。それがはたして美しいものであるのか、醜いものであるのか、儚いものであるのか、力強いものなのか。人の一生を凝縮したその瞬間に、淡々とスポットライトをあてています。そこに死にいたることへの賛美はなく、ただ「死」という現象があるのみでした。

「死」は劇的でもなく予定調和のように人に降りかかる。そんな無常さを痛烈に認識しつつ、それならば、どんな不条理であっても、どんなに惨めであっても、最後まで生きながらえてやろうじゃないかという生への渇望が見て取れました。この点は前作『CARNIVAL』と根幹のテーマで同じものであるなと感じました。

感動があるわけでもなく、驚きを与えてくれるわけでもない、一般ウケは殆ど望めないシナリオになっています。しかし、このようなテーマをもった作品こそが18禁市場でのみ体験できるニッチな楽しみと言えるかと思います。人によっては今作品の評価は0点になりうるかもしれませんし、今作品を通して何かを感じ取った人ならば評価は自ずから高くなるのでしょう。

SS13


シナリオに対する苦言も申しておきます。プレイした誰もが感じる事かと思いますが、一画面に表示される文字数が多すぎます。これは立ち絵を使わず、カットインを多用した演出が原因になっていると思います。立ち絵はそのまま視覚的な説得力を持ちえますので、細かい人物描写を省く事ができます。したがって会話の掛け合いに重点が置かれることになり、短いセンテンスでのやりとりが増えることになります。しかし今作品では、紙ベースのメディア(小説など)と同様の状況描写を行っています。

人間がひと目で認識しうる文字数は5~9文字であるそうです。したがって新聞の見出しは殆どが5~9文字に収まるようにつけられているそうです。それ以上の文字数は読者に負担をかける事になります。もう少し情報伝播方法について考えなおした方が良いと思いました。

SS15

さてシナリオ以外はといいますと・・・

美麗のCGはかなりレベルが高いかと思います。原画の川原誠氏は今作品用に絵柄を少し変えてきているようです。アニメ調のただ可愛らしいだけの絵柄ではなく、シャープで大人な絵柄になっていると感じました。

音楽は及第点でしょう。悪くも無くよくも無く。TrueENDの歌曲はちょと苦笑いしてしまいました。

システムはそれなりです。分岐も少ないので凝ったシステムはいらないですしね。右クリックをおしてもサブメニューがでないのは少々不便に感じました。右クリックでシステムサブメニューが開くというのは、ADVゲームシステムの文法になりつつあると思っています。システムにおいては変にこらずに本流に従ってくれたほうが良かったと思いました。

総じて『SWAN SONG』は人を選ぶゲームです。18禁でしか味わえない体験を与えてくれる数少ないゲームです。少なからず私にとっては印象に残るゲームでした。

ちなみに今作品も「Game-Style」で4600円でモニター購入です。モニター対象作品が増えるよう宣伝しちゃいます。



【関連記事:Thank Thee!: SWAN SONG 廉価版 2008年7月31日発売予定!
http://kyokot.air-nifty.com/thank_thee/2008/06/swan_song_20087_18c6.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »