« 駐車場普通に窓埋め・・・ | トップページ | 姑獲鳥の夏 映画版 »

2005/07/16

XMLマスター:ベーシック 合格につき

先日報告したとおり8/15迄の1ヶ月半でITテクニカル資格を2つ取れとのお達しが、入社間も無い会社様から下されました。

そこで業務でも経験していましたXMLの資格「XMLマスター:ベーシック」を1つ選択することにし勉強してきましたが・・・・

本日7/16(土)、合格いたしました。ぱちぱちぱち。

他の研修を受けながら合間に勉強したので、賞味15時間程度の勉強時間でした。しかし業務経験があるので比較的余裕の合格でした。

この試験、今年2005年6月1日からV2と名を変更し、試験範囲や出題傾向を変更したばかりです。V2試験になって知識的な問題よりも、より実践的な問題が多くなりました。具体的にはXMLソースとXSLTスタイルシートが提示され、その変換結果を選択するなどの、知識に基づいた論理的思考を求められる問題が増えています。XMLSchemaの妥当性判断問題も多くだされました。しかもXMLソースと照らし合わせ妥当になるよう穴埋めするなど、より実践的でプログラマ的な思考を求められるようになっていました。

試験範囲としてDOMが除かれた分、XSLTとXPath、XMLSchemaの問題が増えているのも特徴でしょう。とくにXMLSchemaはrestriction、extentionなどの型の派生を多く含んだ形で出題されます。応用が利くレベルまで理解していないと難しいと感じるでしょう。

またXMLSchemaでは、ルートとなりうるelementが複数ある場合の妥当性問題など、早とちりすると間違いやすい問題も見られました。十分注意する必要があります。

試験時間は60分で問題は50問。私は40分で終了したので早々退席しました。問題数に比較して試験時間は幾分余裕があるかと思います。注意すべきはアールプロメトリックの試験方法にあります。PCを用いた試験になりますが、必ず前もってチュートリアルを行っておいてください。『XMLマスター』では、XMLソースやXSLTスタイルシート、外部DTDなどが資料として表示されます。そこまでは良いのですが、複数選択問題の場合に1つチェックボックスを選択すると、その都度資料ポップアップが閉じてしまうのです。問題文と資料を比較しながらの解析が必要になる問題が多いので、これに慣れておかないと手間取るかもしれません。

また書籍での勉強ですと2つのソースを一度に広い視野を以って比較することができます。しかしPC上ですとソースの一部分をみながらの比較になります。慣れていないと少々手間取るでしょう。

といいながらもXMLの基本知識があれば4日勉強しただけで十分に受かるレベルの問題です。公式サイトで紹介されている書籍の模擬試験で9割正答するぐらいならば、合格は間違いないと考えて良いでしょう。

『XMLマスター:プロフェッショナル』の問題も公式サイトにあったので解いてみましたが、そんなに難しいものではないようです。ITスキルの資格試験としては最も簡単なレベルの資格なのではないでしょうか。

本命のIT資格試験の合格の為、アールメトリックでの試験に慣れるという意味で、受験するのも良いかもしれません。

さて、次は「CCNA」だ。がんばるぞー

|

« 駐車場普通に窓埋め・・・ | トップページ | 姑獲鳥の夏 映画版 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/4996435

この記事へのトラックバック一覧です: XMLマスター:ベーシック 合格につき:

« 駐車場普通に窓埋め・・・ | トップページ | 姑獲鳥の夏 映画版 »