« フージャースコーポレーション(8907)買い | トップページ | 駐車場普通に窓埋め・・・ »

2005/07/15

明日もS高確定 日本駐車場開発

日本駐車場開発の株式譲渡材料、期待以上に加熱しましたね。

18,890円から2000円高で無事ストップ高達成です。本日大引け時点で、残り388,888株の特買が入っていました。少なくとも明日3,000円高の23,890円S高は決定事項といっても過言じゃないでしょう。

明日はS高確定としても、来週以降どこまで勢いが続くかはわかりません。株式分割時の一時的な供給不足・需要過多の状況に酷似しています。したがって供給バランスがとれるまで株価が上昇する事になりますが、供給不足の原因が分割とは異なります。供給不足の原因は配当狙いと同じ構図になります。

つまり少なくとも譲受権確定日の翌日8月1日に株価が下落することは確実です。本来ならば配当・株主優待の権利落ち日、つまり7月26日に株価下落するはずでしたが、その影響はかき消される事になるでしょう。

しかし、その株価暴騰が過熱しすぎた場合、仕手株と同じ状態になりうるかと思います。マネーゲームにより権利確定日前までに上値を形成し、それから急転して株価が下落する事になるでしょう。したがって天井を見極める事が重要になります。おそらく株価供給量が著しく落ちるので急騰は数日続く事になるでしょう。ひねくれた空売りを喰いながら、少なくとも3万円を越すまでは成長すると思います。

天井形成後の下落も、現在よりも上値で安定するはずです。この価格を維持したまま権利確定日の7月31日を迎える事になるかと思います。

さて8月1日の下落を予測するに、今回得られる利益を冷静に考えてみる必要があります。20株で1株の譲渡は単なる「5%の利益」とは異なるんですよね。正確には株式受渡しが行われる11月11日時点の株価から換算した「5%」です。つまり権利確定日7月31日から11月11日までの株価の行方に相当左右される利益になります。

配当金額が受け取り日の株価に比例すると考えるとわかりやすいですね。天井形成後も株式授与権のためにホールドし続けた株主は、少なからず11月まで株価を維持しようと試みるでしょう。8月1日は幾分さげるでしょうが、それからは緩やかな下降ラインを描くシナリオになるのではないでしょうか。

何はともあれ、祭りがどこまで続くか目がはなせませんな。

|

« フージャースコーポレーション(8907)買い | トップページ | 駐車場普通に窓埋め・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/4975116

この記事へのトラックバック一覧です: 明日もS高確定 日本駐車場開発:

« フージャースコーポレーション(8907)買い | トップページ | 駐車場普通に窓埋め・・・ »