« KOTOKO 2ndアルバム「硝子の靡風」 | トップページ | 「あやかしびと」購入 »

2005/06/23

ワタミ続伸 (6/23)

ワタミ(7522)が強い。連日の上げで遂に前回の高値1081円を越えました。西日本への店舗展開・介護事業への事業拡大と、積極的な経営が評価されているのでしょう。2004年4月につけた高値1100円を越える事ができるかが当面の目標になるでしょう。

介護事業の為の借入金はおよそ100億円。20年間ワタミが借入した金額と同額程度です。この初期投資分の回収を5年と豪語する渡邉美樹社長。現在570億円程度の売上を、3000億円に引き上げる為の種と位置づける介護事業。2020年には1兆円企業を目指すという元「青年社長」の夢は広がるばかり。

ここまでの大きな買い物(M&A)をした以上、介護事業の成功なくしてワタミの今後の成長はないでしょう。今期の収益は大きく望めないものの期待だけで株価が上昇している現状です。来年以降は具体的な数字を残す必要がでるでしょう。

バブル崩壊後の大底は2003年頭の574円でした。足掛け2年が経過し株価は1000円台を挟んだ波形に推移しています。次の2年後に2000円台に上昇していることを期待します。

1100円越えからはバブル以降の未知のゾーンに突入です。上値が無い分、2000円台も意外にあっさり達成しちゃうかもしれませんね。そんな期待(妄想)が持てる銘柄です。

介護事業M&Aのいきさつについては「5/15のがっちりマンデーの記事」が面白いので一読ください。

ワタミの店長さんのブログも、ワタミ社員のモチベーションの高さが表れていて好印象です。

明日は調整で下がるでしょうか?
1100越えを一気に達成でしょうか?
どちらでも強気のホールドでいきたいと思っています。

渡邉社長が、今後の挑戦・決意表明について本に書かれています。
ビジネス本というよりも哲学に近そうな感じがしますね・・・
今度一読してみたいと思っています。

渡邉 美樹 著 『新たなる挑戦』


他の銘柄は・・・

UEXようやく損切りしました。打診買いでしたので4万円の損程度。ボックスから上がるかと期待してたんですが駄目でしたね。連日下髭で上昇機運はあるのですが、やはりまだまだ上値のしこりがあるのでしょう。業績好調、超割安、ホームページの新設中なのは東証2部上場の準備?と、超長期的に構えれば絶対上がるとは思うんですけどね。短期的には700円まで落ちそうな気がしましたので一時ポジションを外します。

南野建設でスカルピングして細々と小遣い稼ぎ。後場に鬼の暴騰してましたね・・・。強気ホールドに構えたら相当設けられたのですが私は無理でした。

レントラックジャパンが下げ。1000円復帰から再びの下げで983円。明日の初値で損切りするかを考えます。1000円そこらでもPERを見るとまだまだ安いんですけどね。もっと下値で買いなおす事になるでしょう。

スクエニは当分もたつきそうですね。年末までには驚くほどあがってるでしょ、細かい上下は無視です。

安川情報、日本インターどちらも上昇。両者とも緩やかな上昇トレンドに移行でしょう。本格的な上げに推移するまで静観といったところです。日本インターは信用買残が目立ちますね。前回1000円まで高騰した際の残骸でしょう。6月までの下降トレンドでアホールドしてきた方々なので株価上昇中に手放す事はないでしょう。1000円復帰時に大きな蓋になりそうですけどね。従って当面の心配材料にはならないと思います。

|

« KOTOKO 2ndアルバム「硝子の靡風」 | トップページ | 「あやかしびと」購入 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/4674909

この記事へのトラックバック一覧です: ワタミ続伸 (6/23):

» ●来るか?介護セクター [世界でいちばん熱い株 −低位株、再生銘柄、仕手株etc]
7522 ワタミ の急伸は介護セクターのブレイクの予兆かもしれません。 ヤフー掲示板にしきりに投稿されている「介護セクター銘柄」は下段のとおり。   これから楽しみな1単元10万円前後の介護低位株ってことだと、ワタミ、シダー、ツクイあたりでしょうか。 30万円... [続きを読む]

受信: 2005/07/21 05:12

« KOTOKO 2ndアルバム「硝子の靡風」 | トップページ | 「あやかしびと」購入 »