« ちーちゃんは悠久の向こう | トップページ | エナジーサポート »

2005/05/27

オリコンでアニソン

うぱーのお茶会で面白いの記事があった。

作画の乱れで悪評高いTVアニメ「ネギま」のOP・EDテーマ曲がオリコンの上位に入っているらしい。それどころか海外のチャートでも20位に入ったとか。

早速、どんなもんか視聴してみました・・・某女性アイドルグループの歌とおんなじようなもんだな。(意訳:歌唱力ではなく雰囲気を楽しむもの)

どことなく購買層が被ってそうだし、これはこれで問題ないんだろう、と納得する。

しかし、同じ曲を毎月歌い手を買えて販売しているそうで・・・阿漕な商売ですね。

オリコン上位ということでTVやラジオの音楽番組でとりあげられるかと思いきや・・・アニメ主題歌の市民権など知れたもので、無かったようにスルーされるのが普通のようです。

これに対してオリコン1位を奪取する計画が始動しているようです。1位をとってしまえば、少なからず紹介せざるを得ないとの目論見。ヲタの購買力は驚異的なので実現する可能性もあります。1位をとったら番組側も開き直り、声優さんを呼んでLiveしたりするんだろうか。考えるだけで笑えます

しかし森山直太朗さんはラジオ番組の中でスルーすることなく罵倒しているそうで・・・声優が寄り集まっただけの歌にセールスで負けてしまうのは、本職の歌手としては忸怩たる思いなのでしょうか?

一般人はヲタパワーを侮りすぎです。ヲタの散財は常識をはるかに凌駕します。ネットで予約しているモノを店舗で発見するや否や、即購入です。視聴用・展示用・保管用とかいって3枚同じモノを買う人もいます。作者に印税を払いたいが為に同じモノを20個とか買う人もいます。これがヲタのデフォルトスペックです。

レンタル産業が拡大し、一般人のCD購入機会は下がる一方かと思います。そんな状況の中、同じCDを複数枚買ってくれるヲタは最も上得意顧客と言えるのではないでしょうか?もっとヲタを惹きつけるぐらいの曲をつくらないとあかんですよ。

ヲタは着々と一般社会に浸透しています。例えばハリウッドスター?の栗山千明はヲタです。重症なほどの。
漫画世代のジェネレーションは確実にヲタ要素を秘めています。貴方も知らずにヲタになっているかもしれませんよ?

ちなみに私は真性ヲタです

|

« ちーちゃんは悠久の向こう | トップページ | エナジーサポート »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/4295773

この記事へのトラックバック一覧です: オリコンでアニソン:

« ちーちゃんは悠久の向こう | トップページ | エナジーサポート »