« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月の3件の記事

2005/05/31

ポジションチェンジ

エナジーサポートは420円で売りぬけました。
ファンダメンタル分析からは、300円そこらの価格帯が適当で、
元の800円台の価格が張子の虎と判断したからです。
現在390円台ですが、ここから反発するか、続落するか、
やはり丁半博打が続きそうですね。
火遊びは程ほどに。

さて、スクエニが3600円から3100円台まで落ちていて、
相当、評価損が膨らんでいます。
ストップオーダーを仕掛けておくべきでした・・・
悔やんでも腹水盆に返らず。
3000円台にストップオーダーを仕掛けました。
それまでに反転すればよいですが、ありえないでしょう。
20万円ほどマイナスです。

上記スクエニの失敗の原因を分析しているところです。
原因の一つは、ファンダメンタルに偏りすぎている事です。
割安株を逆張りして失敗する事が多いようです。
トレンドに逆らう売買はリスクが高すぎますね。

やはり順張りで、ストップオーダーをこまめに仕掛けるのが、
大損しない投資方法の鉄則なのでしょう。
基本に戻ってポジションを変更しようと思っています。

近々にポジションを移す予定の銘柄は、以下2銘柄です。
ワタミ(7522)
レントラックスジャパン(2314)
両社とも上昇トレンド一目瞭然です。
最近破りがちなストップオーダーを厳守するように運用すれば、それなりのリターンはあるかと。

ずっと監視していた要チェック銘柄は、スカイマークエアラインです。
本日98円上げし、トレンド反転を匂わせています。一目均衡の雲突入の1200円ラインの勢いを見て、参入如何を判断したいと思っています。

今年は、小額の儲けは何回もあるのですが、大きく3回負けているのでトータルでマイナスになっています。損切りの大切さを身をもって学んだ感がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/05/28

エナジーサポート

今週、エナジーサポートの株が暴落しました。
800円台で安定していた株価が、一日で半値程度にストンと落ちたわけです。

チャートを見ていただくと、ストン、という意味がお分かりいただけるかと。

原因は未だ定かではないけれど、仕手筋の一つがパンクして、エナジーサポートの株を投げ売ったという噂が飛び交っています。粉飾決算だったのではという噂も流れ、株価は320円台まで下落しました。金曜日には410円台に反転し、底値で拾ったデイトレの方々は利益確定に勤しんでいたようです。

先行きが見えない丁半博打の状況が続いていますが、私も370円台で宝くじを買う感覚で参入してみました。金曜日の値上がり率を見た新規参入があれば高騰するかもしれません。420円台に厚い売り板が幾層もあったことから、月曜日は再度値を下げる可能性も高いです。それも見せ板である可能性もあります。

丁半博打など結局は損をするだけかと思いますが、お祭りに参加するのも面白いかもしれませんね。神経すり減らすお祭りですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/27

オリコンでアニソン

うぱーのお茶会で面白いの記事があった。

作画の乱れで悪評高いTVアニメ「ネギま」のOP・EDテーマ曲がオリコンの上位に入っているらしい。それどころか海外のチャートでも20位に入ったとか。

早速、どんなもんか視聴してみました・・・某女性アイドルグループの歌とおんなじようなもんだな。(意訳:歌唱力ではなく雰囲気を楽しむもの)

どことなく購買層が被ってそうだし、これはこれで問題ないんだろう、と納得する。

しかし、同じ曲を毎月歌い手を買えて販売しているそうで・・・阿漕な商売ですね。

オリコン上位ということでTVやラジオの音楽番組でとりあげられるかと思いきや・・・アニメ主題歌の市民権など知れたもので、無かったようにスルーされるのが普通のようです。

これに対してオリコン1位を奪取する計画が始動しているようです。1位をとってしまえば、少なからず紹介せざるを得ないとの目論見。ヲタの購買力は驚異的なので実現する可能性もあります。1位をとったら番組側も開き直り、声優さんを呼んでLiveしたりするんだろうか。考えるだけで笑えます

しかし森山直太朗さんはラジオ番組の中でスルーすることなく罵倒しているそうで・・・声優が寄り集まっただけの歌にセールスで負けてしまうのは、本職の歌手としては忸怩たる思いなのでしょうか?

一般人はヲタパワーを侮りすぎです。ヲタの散財は常識をはるかに凌駕します。ネットで予約しているモノを店舗で発見するや否や、即購入です。視聴用・展示用・保管用とかいって3枚同じモノを買う人もいます。作者に印税を払いたいが為に同じモノを20個とか買う人もいます。これがヲタのデフォルトスペックです。

レンタル産業が拡大し、一般人のCD購入機会は下がる一方かと思います。そんな状況の中、同じCDを複数枚買ってくれるヲタは最も上得意顧客と言えるのではないでしょうか?もっとヲタを惹きつけるぐらいの曲をつくらないとあかんですよ。

ヲタは着々と一般社会に浸透しています。例えばハリウッドスター?の栗山千明はヲタです。重症なほどの。
漫画世代のジェネレーションは確実にヲタ要素を秘めています。貴方も知らずにヲタになっているかもしれませんよ?

ちなみに私は真性ヲタです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »