« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の8件の記事

2005/03/17

科学する麻雀

ネット麻雀界のカリスマ とつげき東北氏の著書「科学する麻雀」を購入した。

麻雀専門書は数多あるけれど、その論説の根拠を問われると、著者の経験則と勘であったり、はたまた常識だとか格言であったり、最悪なのは流れとか運の取捨とかオカルトに走るものもある。結局のところ、あたかも真理であるかのように説いていながら、なんの科学的実証を試みる事がなかったのだ。

帰結点の根拠があやふやであるから、「どのような状況で」「どの牌を切るべきか」「リーチをすべきか」「ダマでテンパイをとるべきか」「ベタオリすべきか」「下りる際何を切るべきか」を、明確に記していない。これで技術習得本といえるのか。

本書は、統計学的・工学的アプローチで麻雀を分析し、真の意味で麻雀に勝つための技術を記している。その技術は明確な科学的根拠が提示される。その根拠の一部を担うのが膨大な実戦データである。筆者は、不特定多数の打ち手による実戦の牌譜データを、ネット麻雀「東風荘」のログ機能を用いて採集した。その数6万試合分に及ぶという。この生データを元に分析を行い、それまで常識とされてきた技術の根拠を探ろうとしたのである。

その結果、幾つもの常識の根拠が無いことが証明され、それに代わる新たな技術が提示されることになった。新たに打ち出した麻雀技術は、誰もが習得可能で、直ぐに実践しうる技術であった。

そして、その効果を身を以て証明したのが、誰でもない著者自らなのである。彼は研究結果に従い東風荘で麻雀を打ち続け、最強プレイヤー達と称される超ランキング卓の住人となったのである。

これら分析結果が本当に正しいかは私には断定できない。しかしながら、少なくとも憶測・希望・妄想で語られてきたものよりも説得力があるのはあきらかだ。最近PSP版麻雀格闘倶楽部をやっているのだが、本書の「ベタオリ技術」に従うようになってから、30試合平均の放縦率が15%から13%に低下した。たかが30試合平均であるので、確率論的には偏りの問題なのかもしれないが、その効果の手応えを私自らは感じている。

麻雀ファンであるのならば、一回は目を通すべきである名著であった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

シンフォニック=レイン クリア

本日一日がかりでシンフォニック=レインの全ルートをクリア。

ミュージックパートは、シナリオを楽しむだけに集中できる自動演奏設定、ミュージックパートだけを楽しむ事ができるフリープレイモード、フリープレイのハイスコアを競うインターネットランキングなど、いたれりつくせりの充実さ。不満点は簡単すぎること。最初からハードモードにしてプレイしていたのだけど、殆どの曲が初見でパーフェクト近かった。入力キー位置が変わるだけでなく、入力キー数も増やして欲しかった。

音楽の質はというと、岡崎律子さん作曲の歌曲は全て良かった。作詞もゲーム本編のシナリオに沿ったものなのが良い。BGMは歌曲のアレンジ。種類が少ないのは残念。

シナリオは設定が秀逸である。恋人を田舎に残し、雨の降り止まぬ街にある音楽院に通う主人公。主人公を密かに想う同学院に通う恋人の双子の妹。長距離恋愛=浮気の公式から導きだされる葛藤の展開が期待される。と、思いきや隠された裏設定により思いもよらぬ展開へ・・・最後までクリアしなければ物語の妙味がわからないようにできている。

適度に重いお話。巷では鬱ゲーの部類に入れられているらしい。しかし演出があっさりしているので、それほど重く感じない。鬱耐性が鍛えられていない軟弱プレイヤーには持ってこいの題材かと。当初プレイ可能な3編のシナリオは、全て陰を残す終わり方になっている。人間の感情の負の部分が見え隠れする様は人を選ぶかもしれない。特に、ハッピーエンド至上主義の人には許せないかもしれない。

3編終了後、新たに2編のシナリオが追加される。あるヒロインの主観視点で語られる物語の真相。そして、もうひとりのヒロインと再会する物語。この2編を楽しまずしてシンフォニック=レインの評価はできないかもしれない。前3編は、この2編を楽しむ為の前提条件にしか過ぎなかったとさえ思える。特にヒロイン視点シナリオは素晴らしい。訥々と懺悔のような語りで物語の表裏の裏を埋めてゆく。

お奨めクリアルートは、リセ→ファル→トルタ→某ヒロイン主観→●●●●

遊べるミュージックパート、秀逸な設定、名作に成り得たはずなのだが・・・・演出があっさりしすぎ。もっと効果的に伏線を明かしたり、イベントを劇的するなどする事により、より一層の共感を呼び起こす事が可能だったはずだ。非常に残念でならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/12

祝・差止仮処分

ライブドア・フジテレビ・ニッポン放送騒動で、ニッポン放送の第三者割当による新株予約権発行の差止仮処分命令が決定したそうだ。

今回の仮処分により、TOBにより30%超の株式取得を成功したフジテレビに対し、劣勢に追い込まれた感のあったライブドアも一気に息を吹きかえしたのではないか。

とりあえずライブドアが一方的に負ける事態が避けられたのは嬉しい。仮処分にたいしてライブドアの堀江社長が、ライブドアホームページで生中継による記者会見を行ったようだ。堀江さんの所信表明が、まさに堀江さんの目指すインターネットによる、ニッチ・オンデマンド・インタラクティブなコンテンツの提供にほかならない。堀江さんが財産を投げ打って日本国民にITの可能性を啓蒙してくれている。

堀江さんが今回の騒動の終わりに姿を消したとしても、彼の残したムーブメントは日本を次の時代へと強く押し進めてくれることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/11

トロイ検出

ブログを渡り歩いていたら、リンクをクリックした途端にMcAfeeくんがトロイ感染の警告ポップアップをだした。「Exploit-ByteVerify」というもので、MS03-011の脆弱性を狙うJavaアプレットらしい。

私のPCは毎日のようにWindowsUpdateを掛けているので、MS03-011のパッチも当然に当たっている。Javaアプレットの検出自体でポップアップを出し駆除するのだろう。このままでも影響はないと思ったが、McAfeeくんも久々に活躍したいだろうし駆除しといた。ついでに全ドライブのウィルスチェックをしてみよう。

ホームぺージを観るだけで感染するウィルスやトロイが増えている。.NETなんかになったら激増するんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/10

シンフォニック=レインはじめる

工画堂くろねこさんちーむ作成のPC用AVGゲーム「シンフォニック=レイン」をはじることにした。

このゲームの特徴は、テキスト系AVGゲームでありながら、合間にビーマニ系の音楽ミニゲームがはいる事にある。

5線譜を右から左に流れる♪音符♪が、左端の枠に入ったタイミングで、指定のキーを押すというシステムになっている。ビーマニ系ゲームに親しんできた人なら、楽にプレイできる程の難易度だ。
Sh05

曲は岡崎律子さんによるものだ。昨年5月に急逝された岡崎律子さんだろうか?曲調からは亡くなった岡崎さんらしさを感じる。やさしい主旋律が心を潤す。

シナリオは遠距離恋愛・進むべき道のすれ違い等、ドラマな話しらしい。田舎に恋人を残して音楽学院に下宿から通う主人公。恋人には音楽の才能はなく、田舎でパン屋の見習いとして働き始めている。しかし恋人の双子の妹は音楽の才能に恵まれ、主人公と同じ学院に通う・・・・・

設定からして浮気する確立500%

私がプレイしている時点で、妹の主人公への恋心バレバレ展開です。修羅場に入るのは時間の問題だな。非常に楽しみである(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/06

TV版 AIR 8~9話

TVアニメ「AIR」の8~9話を鑑賞しました。

2話分でSummer編を終わらせるは不可能と思ってたのですが・・・やればできちゃうもんですね。社殿を脱出し八百比丘尼に会うまでが8話、そして人形繰りの一族の長い旅路が始まるSummer編の終わり、そしてAIR編の幕開けまでを9話に纏めています。

Summer編では、空に囚われる翼人の少女と、人形繰りの一族の誕生という、AIRという物語のバックボーンを提示しています。翼人の転生たる観鈴と、人形繰りの子孫である往人。二人が出会う夏の物語は、神奈が空に囚われた夏から1000回目の夏の物語ということがわかります。TV版では展開が早すぎて、ゲーム未プレイの方には理解しにくいかと思いますが、以上を踏まえておけば問題ありません。

PCゲーム版のパッケージでは、箱側面に「1000th Summer」の文字が印字されており、その面の封(シール)を剥がす事になっています。プレイヤー自らが1000回目の夏の物語の封を解くという趣向でしょう。その事に後になって気づき感心したのを覚えています。

AIR編がはじまりました。カラスの「そら」と共に「よ~いどん!」のかけ声で始まる1000年の物語の終わり。どのような結末になるのでしょうか。ゲーム版で結末を知っている私も非常に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/03

フィオリーナ世銀総裁候補に

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1012672/detail

だそうだ。IT企業のCEOが世銀の総裁か・・・なんか「嘘」っぽくていやだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麻雀格闘倶楽部 PSP版

最近、PSP版の「麻雀格闘倶楽部」が仲間内で流行ってる。

pack

PSP発売と同時購入していたのだけど、対戦相手が居なくてお蔵入りしていた。先月になって続けて友達と、会社の同僚がPSPごと購入し、にわかに熱が高まったのだ。

PSP版の特徴は、ワイヤレス機能を用いた対戦である。コードで繋いだりという面倒な作業が無いのが良い。残念なのはソフトシェアリングはできないので、皆が同ソフトを購入する必要がある。

03

このワイヤレス機能、意外と広域まで届くらしく20m程度なら余裕に繋がる。帰宅途中の東海道線車内にて、同僚との熱い東風戦を繰り広げているわけだが、おそらく電車一両分は余裕に電波が届くのではないかと思われる。プレイ人口多くないし実現する事はないかと思うけれど、同僚以外の電車内の誰かが乱入する事も可能なのだ。見知らぬ人との対戦・・・やってみたいなぁ・・・

ちなみに、私の通勤区間である平塚・藤沢間は短く、大抵が東局が終わる事は無い。同僚は東京方面まで東海道を乗り続けるので藤沢駅でわかれる事になる。いつもゲームを終了せずに電車を降りてホームを歩くのだが、暫くは通信は途絶えない。電車のドアが閉まり走り出すと流石に対戦相手との接続が切れる。繋いでいた物が切れるというのは、ただの電波であっても悲しいと、少しセンチになったり、ならなかったり。

05

ワイヤレス対戦以外にも、画面もワイドな横長なので携帯ゲーム機にしては牌も見やすかったり、リーチ・ダマあがり率などの自分の打ち筋は把握するのに適していたり、点数計算クイズがあったり、総合的にみて、携帯麻雀ゲームの中でも一番のできだと思う。麻雀ゲーム好きならば購入して損はないとお奨めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »