« ソーシャルネットワーキング | トップページ | 久々テニス »

2004/09/02

SNSファーストインプレッション

SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の
ファーストインプレッションなんだけど、
言いえて妙な事を後から言われた。

いいともの友達の輪.net

同一の趣味や所属の個人を探せるので、
話の輪に入りやすいのは確かだ。
しかし実名勝負な世界なんで、
インターネットをここまで大きくした要因のひとつ
ある程度の匿名性の確保が図れない。

ここに面白さを見出せるか否かが、
SNSにはまる人と、はまらない人の違いだろうか?

先日の日記で、
コンテンツの繋がりから、個人への繋がりを
リンケージの発展として書いた覚えがあるけど、
それは真でもあるし、違うような気もしてきた。

これまた突っ込まれたことだけど、
インターネットはコンテンツレベルで数珠繋ぎしてこそ、
その有用性が増すわけで、
個人同士のリンケージには情報検索としての価値はない。
むしろ煩雑とする。

しかし個人の繋がりというのは、
ひとつのコンテンツとも言うことができる
ひとつのエンターテイメントとして楽しむのが吉だろう。

さて、週末にもうひとり引き込むか

|

« ソーシャルネットワーキング | トップページ | 久々テニス »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/1337666

この記事へのトラックバック一覧です: SNSファーストインプレッション:

« ソーシャルネットワーキング | トップページ | 久々テニス »