« ヴァン・ヘルシング | トップページ | SNSファーストインプレッション »

2004/09/01

ソーシャルネットワーキング

ソーシャルネットワーキングという言葉を
恥かしながら今日知った。

ネットワーク、とくにWWWのリンケージの発展である。

ホームページのハイパーリンクは、
単にWWWの他ページを繋ぐ記述に過ぎない。
しかし、それこそがWWWの名の通り、
世界中を網の目で繋いだのは自明の通りだ、

このハイパーリンクに指向性を持たせた物がある。
テーマでのグルーピングを目的とするリンク群である。
同一のテーマのホームページ運営者が、交互にリンクを結び、
サークル状、スター状にリンケージを形成する。
相互に補完しつつテーマを深く掘り下げる事が可能である。

blogのトラックバックは、より動的なリンケージの姿だ。
最初は同一テーマの繋がりに過ぎないが、
新たなテーマが派生し、
ひとつの有機的なコンテンツが形成される。

そしてソーシャルネットワーキングである。
ソーシャルネットワーキングは、コンテンツの繋がりを目的としたリンケージではない。
WWWの技術を介して、それを利用する人。
個人と個人の繋がりを目的としている。

友達の友達と、友達の輪を辿る事ができ、
共通の所属、趣味、関心、様々なカテゴリでグループに参加する事もできる。
10人の友達をもつとすると、友達の友達、その友達と、
6回友達の輪を辿る事で、世界中のすべての人間が繋がる事になるという。
狭い日本、しかもIT技術の新しいものに敏感な人の繋がりとすると、
結構、知人が多いのではないかと思う。

詳しくはこの記事から各ソーシャルネットワーキングサイトを参照のこと

ちょっと参加してみます。
感想は近日中に・・・

|

« ヴァン・ヘルシング | トップページ | SNSファーストインプレッション »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49030/1327513

この記事へのトラックバック一覧です: ソーシャルネットワーキング:

« ヴァン・ヘルシング | トップページ | SNSファーストインプレッション »